全国のアースデイ情報 - アースデイ in 桐生 2014

メイン  arrow  2014年のアースデイ  arrow  関東

訪問   アースデイ in 桐生 2014    最終更新日 2014-1-16 12:07
カテゴリ:  2014年のアースデイ  arrow  関東
主  催:  アースデイ in 桐生 2014 実行委員会  
開催日時: 2014年4月20日(日)
会  場:  群馬県  桐生市  天神町1-5-1 群馬大学 桐生キャンパス map
電話番号: 0277-30-1033   FAX番号: 0277-30-1020
詳 細
banner
「アースデイ in 桐生 2014」

皆様の、ご協力のお陰様で、今年は3,500名の来場者、460名の参加団体ボランティアで開催できました。
心より御礼申し上げます。

-------------------------------------------------------------------
                     平成26年4月22日

アースデイ in 桐生 2014
参加団体・協力団体 各位 様
後援団体      各位 様
                     アースデイ実行委員会
                     委員長 根津紀久雄
                     事務局 石島 悦子



            アースデイ開催の御礼とご報告

 拝啓 貴団体におかれましてはますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。

 さて、4月20日に開催いたしましたアースデイにご参加、ご協力およびご後
援をいただきまして、真にありがとうございました。

 子供たちが、お父さんやお母さんを交えて、各ブースを回って手作り体験を
楽しんでいる姿が多かったのが非常に印象的でした。各ブースとも用意してき
た素材が早々となくなってしまうという嬉しい悲鳴が聞かれました。子供たち
の感性や興味に即しながら地球環境に対する理解を一層深めることができたの
ではないかと考えております。受付で渡した資料数、アンケート回答数、駐車
台数などから判断して3,500名を上回る来場者があったと判断しております。
これも皆様方からご理解、ご支援をいただきました結果であります。実行委員
会として、改めて厚く御礼を申し上げます。

 次年度におきましても、イベントの質と量を高めて、子供たちに地球環境の
大切さとそれに即した行動のあり方を身につけてもらうように努力したいと考
えておりますので、従前にも増してよろしくお願いする次第であります。

 直接お伺いしてご報告をすべきところですが、失礼とは存じましたが、まず
は御礼かたがたご報告を申し上げます。
                              敬具

-------------------------------------------------------------------

今年のキャッチフレーズは「地球にやさしく 人にやさしく!」。

【開催日時】2014年4月20日(日)10:00〜15:00

【開催場所】群馬大学 桐生キャンパス 群馬県桐生市天神町1-5-1

【参加団体】4月10日現在、出展団体65、協力団体10、合計75団体の参加。
  チラシダウンロード:は、右のバナークリック
  ※ ぐんまちゃん(群馬県マスコット)、キノピーちゃん(桐生市マスコット)と
    群馬警察のマスコット上州くん、みやまちゃんのキャラクターが来ます!

【参 加 費】入場無料(ものづくりなどで費用がかかる場合があります。)

【問い合せ先】事務局 石島(070−6521−6950)まで

産官学民で協力しています「アースデイ in 桐生 の4大柱」
1.自然と科学の調和
2.地産地消で地域活性化  ※エコで、健康で、安心した生活
3.東日本大震災復興支援  ※2011年から
4.子どももおとなも楽しく


          【第9回 アースデイin 桐生 2014 を迎えて】
                            実行委員長  根津紀久雄

 当地桐生でも桜花爛漫の時節を過ぎて、山々が新緑に彩られる季節が近づいてきました。
四季の移り変わりを眼底に焼き付けながら日々を過ごせる幸せの時間を末永く引き継ぎたい
という想いが去来します。
 他方で、人が生きることは地球を病み続けさせる結果になるのかという悲しみをも感じま
す。人はもっと優しかったのではないか、欲望はもっと小さかったのではないか、生き様は
もっと慎ましかったのではないか。現在の日本や世界の人間のありようは、地球上の生きと
し生けるものにとってあまりに無情ではないでしょうか。
 今世紀末には地球上の人口は百億人に達すると予測されています。そして、生活水準はか
なり高くなるでしょう。エネルギーと資源を消費しながら、健康的な水と食物と空気とを求
め、美しい自然環境を保持し続けることにはかなり大きな困難が伴うことが予想されます。
人間の知識と知恵と経験をすべて動員しなければならないでしょう。それにもまして人の根
源的な存在意義を見直し、生きる指導原理を現在とは違うところに確立し、それを希求して
いくべきであると感じています。
 しかし、今すぐそのような考え方に全体の思考が辿りつくことは期待できません。心ある
ものとして地球にやさしく、人にやさしくしましょう。生けるものたちすべてにやさしくし
ましょう。そう決意して行動することを私たちの初めの一歩にしたいと思います。たとえ小
さくても、少なくても、わずかであっても、微力であっても、怯まない。それが美しい自然
環境を保った地球、地上のみんなの共生社会、さらに平和で落ち着いた暮らしにつながるこ
とを信じて、アースデイの今日をきっかけにしましょう。
 「アースデイ in 桐生」も今年で9回目を迎えました。少しずつではありますが、参加・
協力団体も増加し、参加する子供たちやお父さん、お母さんもふえています。地球のことを
考え続けながら対価を求めることなく子供たちに語りかけてくれる団体のみなさまの心優し
さに感動しつつ感謝しております。今日来てくれた子供たちはきっと地球の未来に灯を点す
役目を担いながら成長していくことと信じています。
                                 2014年4月20日
                       NPO法人 北関東産官学研究会 会長

修正  |  リンク切れ報告
アースデイJP ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

アースデイ(地球の日)は4月22日、毎年Earth Dayの期間には世界各地で持続可能な社会を表現する、自由なイベントやアクションが行われています。
アースデイJPでは、多様なコミュニティーが開催する、日本各地のアースデイー情報を発信しています。

translation korean chinese english