全国のアースデイ情報 - 関東

メイン  arrow  2013年のアースデイ  arrow  関東  (2)


ソート順:   タイトル ( タイトル (A to Z) タイトル (Z to A)) 日付 ( 日付 (登録日の古い順) 日付 (登録日の新しい順)) 評価 ( 評価 (評価の低い順) 評価 (評価の高い順)) 人気 ( 人気 (ヒット数の少ない順) 人気 (ヒット数の多い順))
現在のソート順サイト: 人気 (ヒット数の多い順)


訪問   アースデイ in 桐生 2013    最終更新日 2013-2-5 13:57
カテゴリ:  2013年のアースデイ  arrow  関東
主  催:  アースデイ in 桐生 2013 実行委員会  
開催日時: 2013年4月14日(日)
会  場:  群馬県  桐生市天神町  1-5-1 群馬大学 桐生キャンパス map
電話番号: 0277-30-1033   FAX番号: 0277-30-1020
詳 細
banner
アースデイ in 桐生 2013 最終更新日 2013-4-9 18:03
カテゴリ: 2013年のアースデイ 関東
主  催: アースデイ in 桐生 2013 実行委員会
開催日時: 2013年4月14日(日)
会  場: 群馬県 桐生市天神町 1-5-1 群馬大学 桐生キャンパス
電話番号: 0277-30-1033 FAX番号: 0277-30-1020

【アースデイ in 桐生 2013 開催に対する御礼】

拝啓 春暖の候、ますますご清栄のこととお慶びを申し上げます。
さて、標記事業を開催するに当たりご支援をいただき、真にありがとうございました。おかげさまを盛況理に実施することができました。受付数は1,000弱でしたが、ほとんどが親子連れであり、受付を済ませなかったり、受付のない門から入構した方を考えると、2,500名から3,000名位の入場者があったと推測しています。
 午前10時から午後3時までの5時間の開催でありましたが、開催前からお子様連れの方々が見え始め、屋内及び屋外の各ブースを覗いて、説明員の話に耳を傾けたり、実験や工作などに自ら参加する姿があちこちで見られました。子供たちに地球を取り巻く環境の大切さを具体的なものやことを通じて知ってもらい、自然環境が変化しつつある中でいろいろな植物相や動物相のことを学び、自然素材を用いた工作で自分の手を動かすことを体験してもらいました。共生という概念は小さな子供たちには理解しにくいことかも知れませんでしたが、生きていることと生かされていることとは同義語であることを何となく感じとってくれたのではないかと思います。
 自然や科学や工学の一部にも触れてもらった結果、子供たちの好奇心がかき立てられ、興味や関心を引き出すことができたのではないでしょうか。あとは成長とともにこれらを失うことなく持ち続けることを期待するばかりです。それには子供たちを取り巻く両親や兄弟などの家族、学校の先生、社会の大人たちが子供たちの考え方や感じ方を最大限に尊重することが大切です。そのようにして育った子供たちは心優しく、生きとし生けるものに関心を抱き続け、金銭や地位や名誉を絶対的な価値観とする人間とは別なタイプの人間に育ち、地球は我が家、人類はみな兄弟、人類は生物進化の頂点に立っていても全体に支えられての存在であることなどを理解するでしょう。そのような人間に満ち溢れた地域社会や国や国際社会は実現可能でしょうか。否定する前に行動してみましょう。それが私たちの主張であり、そこにしか人類生存の道はないと信じます。
 今後ともアースデイ in 桐生を開催していきたいと考えております。次回以降の開催にもご支援をいただけますようお願いして、御礼の挨拶とさせていただきます。
気温の変化の大きい時節柄ご自愛のほどを願い上げます。       敬具

アースデイ in 桐生 2013 実行委員会
委員長   根津 紀久雄

【内容】
アースデイ in 桐生 2013 「輪、和、うわっ!」−地球は、我が家− 「東日本大震災復興支援」
【詳細】
・高校生・市民団体・企業のおもしろ実験・体験・実演・環境活動紹介!
※ 毎年大人気の高校生の実験・活動紹介
※ 手回しトロッコ「てトロ」
※ 鷹匠と同じように育てられた「タカとフクロウに親しもう」
※ 全長3メートルの模型飛行機「富嶽」3機展示と紙飛行機つくり、
※ スーパー竹とんぼ教室
   小学4年生以上は、ナイフを使って初級竹とんぼつくり
   小学3年生以下は、ナイフを使わずに入門竹とんぼつくり
※ 和紙教室(紙すきで絵を描く、新しい紙すき)

など「自然と科学の調和」を体験。

・「東日本大震災復興支援」:被災地の写真展示など。
・福島からの避難者の方の桐生での活動紹介
・群馬大学モダンジャズ研究会によるライブ
・会場には、スタンプラリーコーナー設置。参加者には、抽選で100名様に植物の苗、他プレゼント。
・「第3回 桐生まちの先生見本市」でもあります。

など、盛りだくさん!

【主催】 アースデイ in 桐生 2013 実行委員会

【お問い合わせ】 アースデイ in 桐生 事務局 石島(070-6521-6950)

【ご参考】
昨年の様子は、こちら!
http://www.tech.gunma-u.ac.jp/KogakuClub/Events/EarthDay2012/index.html

修正  |  リンク切れ報告
訪問   2013 EARTH VISION多摩 映画会 〜自然との共生〜    最終更新日 2013-1-22 16:57
カテゴリ:  2013年のアースデイ  arrow  関東
主  催:  EARTH VISION多摩実行委員会  
開催日時: 2013年2月23日(土曜日)
会  場:  東京都  多摩市落合  2-35 パルテノン多摩 小ホール(小田急・京王多摩センター駅下車) map
詳 細
 アースビジョン多摩は、環境問題を映像で理解するドキュメンタリー映画会です。
「EARTH VISION 地球環境映像祭」のアジア・オセアニアの入賞作品から、「いのちのつながり」をテーマに製作された最近の話題作を上映。
建築家・坂口恭平さんの活動を追った『モバイルハウスのつくりかた』特別上映と本田孝義監督と地元で建築設計を行っている建築家との対談。
また、多摩川と環境教育の活動報告や、多摩市内の貴重な湿地とそこに生息する希少な生きものについての市民トークなどもお楽しみに。
■開催: 2013年2月23日(土曜日)
■会場: パルテノン多摩 小ホール(小田急・京王多摩センター駅下車)
■前売券 一般 ¥600 (アテナ会員¥500)
 当日券 一般 ¥800 (アテナ会員¥700)
 子ども券(小中学生)¥100(前売・当日共通)
 全席自由、入れ替えなし、全日1枚のチケットで出入り自由。
■特別上映「モバイルハウスのつくりかた」& 本田孝義監督対談
■上映作品:「帰ってこい! ふるさとの川へ」/ 「人とクマと森と」
 放射能の影響は長く、人の記憶は短い「チェルノブイリ・フォーエバー」
■ 活動報告「大好き! うるおいゆたかな多摩川」
■ 多摩市民ト−ク「連光寺湿地、その後」

■ 同時開催『多摩エコ・フェスタ2013』
環境展&発表会〜子どもたちとつないでいこう多摩の自然〜 [入場無料]
2013年2月23日(土)・24日(日) 10:00 〜 17:00
会場:パルテノン多摩 市民ギャラリー
多摩エコ・フェスタ2013は、市民団体や学校が取り組んでいる環境保全活動の
パネル展示や発表会、 企業や自治会の取り組み、事例の講演会などを行います。
■上映作品の詳細、チケットの前売申込は
 ⇒ http://taenoha.com/ev

修正  |  リンク切れ報告


アースデイJP ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

アースデイ(地球の日)は4月22日、毎年Earth Dayの期間には世界各地で持続可能な社会を表現する、自由なイベントやアクションが行われています。
アースデイJPでは、多様なコミュニティーが開催する、日本各地のアースデイー情報を発信しています。

translation korean chinese english