新着イベント

2017-03-22: 2017年夏海外ボランティア説明会!
担当者 NPO法人CFF  登録日時 2017-03-22 10:35 (20 ヒット)

2017年海外ボランティア説明会日程☆

何か新しいことがしたい。今しかできないことがしたい。
そう思っているみなさん!
「この夏、一歩踏み出してみませんか?」

私たちCFFは主にフィリピン・マレーシアでワークキャンプとスタディツアーを行っています。今年の夏も開催が決定してます。

海外ボランティア気になる、、そんな方!まずは説明会にきてみませんか??CFFってどんな団体なの?海外ボランティアって何をするの?初海外だけど大丈夫なの?あなたの不安や質問を一緒に解決します!

説明会申込はこちらから:http://www.cffjapan.org/blog/explanation/2017cff-1.html

2017-03-23: 地域・CO-OPと持続可能な経済・社会・環境の構築 〜地域・消費者・生産者の現場の取組と国連のイニシアティブ=SDGsを繋げるた めに〜
担当者 JACSES  登録日時 2017-03-07 11:29 (155 ヒット)

機デ愀福μ槁

2016年1月1日、国連持続可能な開発目標(SDGs)の実施がスタートした。これを
受け、日本政府は安倍首相をトップとするSDGs推進本部を設置し、2016年12月に
SDGs実施指針を策定した。

SDGsは、経済・社会・環境を持続可能なものとしていく具体的な行動目標を設定
しているが、これまで各地域・消費者・生産者等は、自らの現場で取組を進めて
きた。また、日本の地域経済低迷・過疎化等を受け、日本政府は地方創生を掲げ、
自治体の取組支援を行っている。地域におけるSDGsの取組は、政府・自治体のこ
うした動きと効果的に連動することが要請される。
地域や消費者・生産者等の現場の取組とSDGs取組は、もし効果的な連動ができれ
ば、現場の取組をさらに活性化・支援しつつ、グローバルなSDGsゴール達成に大
きく貢献できる可能性もある。

こうした中で、全国各地で消費者(組合員)と生産者が流通も含め連携する生協
を含む協同組合のこれまでの取組は、効果的な取組モデルの一つとなる可能性も
秘め、他セクターの取組推進の参考になると考えられる。

そこで、以下の目的のために、本セミナーを開催する。

〇協同組合の全体像・これまでの取組の到達点を明確化し、他の事業者とも対比
しつつ、持続可能な経済・社会・環境の構築に向けたその潜在力・可能性と課題
を検討する。
〇日本政府の地方創生・SDGs政策や自治体・地域のSDGs取組に関する最新動向を
共有し、今後の地域の取組の有り様について検討する。

供テ時
3月23日(木)
第1部:16:00〜18:20
第2部:18:40〜21:00

掘ゾ貊
エムワイ貸会議室お茶の水 Room A
http://meijiyasuda-life-hall.com/kashikaigishitsu-ochanomizu/access.html

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-20 お茶の水ユニオンビル4F
Tel: 0120-311-104

<交通アクセス>
JR中央線・総武線「御茶ノ水」駅 御茶ノ水橋口 徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水」駅 2番出口 徒歩3分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅 B1番出口 徒歩4分

検ヂ仂
市民・協同組合関係者・事業者・NGO・政策担当者・メディア等

后ゼ膾
主催:市民セクター政策機構・グリーンエコノミーフォーラム・「環境・持続社
会」研究センター(JACSES)

此セ臆暖
1,000円

察ゥ廛蹈哀薀燹祕焚次敬称略>

<第1部>CO-OPと持続可能な経済・社会・環境

1.報告

「CO-OPのサステナイビリティに関わる取組(仮題)」
加藤好一(生活クラブ生協連合会会長/市民セクター政策機構理事長)

「協同組合の今日的役割と可能性・課題(仮題)」
栗本昭(生協総合研究所理事/法政大学教授)

「事業者のSDGs取組の現状とCO-OPの可能性(仮題)」
薗田綾子(株式会社クレアン代表取締役社長)

「エシカル消費の可能性(仮題)」
宮木由貴子(株式会社第一生命経済研究所主席研究員/
一般社団法人日本ヒーブ協議会代表理事)

<休憩>

2.質疑応答・意見交換:CO-OPの可能性と課題

○司会:白井和宏(市民セクター政策機構専務理事)
    足立治郎(「環境・持続社会」研究センター事務局長)
○パネリスト:講演者
       古沢広祐(國學院大学教授)
○論点:
・持続可能な経済・社会・環境に向けて、協同組合のいかなる取組が必要か


<第2部>地域とSDGs

1.報告

「地方創生の最新状況について(仮題)」
藤原豊(内閣府地方創生推進事務局審議官)

「SDGsと地域・ビジネス〜北海道の事例等を通じて(仮題)」
田瀬和夫(デロイトトーマツコンサルティング合同会社
CSR・SDGs推進室長・執行役員)

「地域のSDGs取組と日本のSDGs実施指針について(仮題)」
新田英理子(日本NPOセンター事務局長)

<休憩>

2.質疑応答・意見交換

○司会:古沢広祐(國學院大学教授)
    足立治郎(「環境・持続社会」研究センター事務局長)
○パネリスト:講演者
○論点:
・今後の地方創生・地域のSDGs取組活性化の方策のあり方


次イ申し込み

「2017年3月23日セミナー参加申込」と明記の上、次のJACSESウェブサイト・参
加フォーム(http://www.jacses.org/form/form_event.html)から、もしくは
FAX:03(3556)7328宛てに「お名前」「ご所属(勤務先・学校など)」「返信
のためのご連絡先」を明記の上、お申込み下さい。

宗イ問い合わせ・お申込み

「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
担当:足立・遠藤
TEL:03-3556-7323 FAX:03-3556-7328

2017-03-26: 【イベント】3/26開催 中高生むけ 春休み人権セミナー 人権×多様性×リアルな現実をどう生きるか?
担当者 ヒューマンライツ・ナウ  登録日時 2017-03-08 12:56 (122 ヒット)

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
中高生むけ 春休み人権セミナー
人権×多様性×リアルな現実をどう生きるか?
奥田愛基×加藤真希×伊藤和子
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
ときどき耳にする、授業でも出てきた「人権」って一体何でしょう。自分たちの暮らしとどんな関係があるのでしょう。

自由に人生を選択することができる、社会のあり方について自分の意見を自由に言える、そして差別されない、ブラック企業に殺されない、そんな人権は私たちひとりひとりの生活にとって実はとても大切なものです。

国連が採択した「子どもの権利条約」では子どもにも人権が保障されると明確に宣言されています。
その一方で、世界では今も子どもたちが飢えたり、売られたり、戦争で殺されたり、難民になっています。
どう考えたらいいのでしょうか。

人権の歴史が長い国では、長いバカンスをとったり、タブーなくみんなが話し合ったりと、風通しのよい社会をつくりつつあります。しかし、それは、過去に起きた人権侵害を反省し、繰り返さないという努力の積み重ねでもあります。
日本ではどうでしょうか。

そこでこのたび、中高生むけに、春休みに人権についての特別セミナーを開くことになりました。
学校の授業やニュースだけではわからない私たちに身近な人権問題について楽しく学んでみませんか?
「世界の困っている人たちのための仕事がしたい!」「人権ってよく聞くけど難しそう」「日本に人権問題ってあるの?」
そんな希望・疑問を持っている中高生に是非参加していただきたいと思います。
ディスカッションの時間もたくさんとります。たくさんの中高生のご参加お待ちしております!

日時/2017年3月26日(日)14:00〜17:00(開場13:30)
会場/玉川聖学院(自由が丘) 第5会議室
(158-0083 東京都世田谷区奥沢7-11-22)
東急東横線「自由が丘駅」より徒歩約6分
東急大井町線「九品仏駅」より徒歩約3分
http://www.tamasei.ed.jp/access/tabid/105/Default.aspx

会費  中高生 500円
関係者・保護者  1,000円
大学生(中高生優先ですが、ご相談ください 参加費1000円)

【スピーカー】
◇一般社団法人ReDEMOS代表理事 奥田 愛基氏
平和安全法制(安保法制)に反対する「自由と民主主義のための学生緊急行動」(「SEALDs」)を創設したメンバーの一人。現在、一橋大学院在学中、一般社団法人ReDEMOS(リデモス)の創設者、代表理事。

◇日本国際ボランティアセンター(JVC)
アフガニスタン事業担当 加藤 真希氏
早稲田大学国際教養学部卒業後、メキシコの先住民族地域でフィールドワークを行いながら
地域開発学を学ぶ。2012年度からJVCで、アフガニスタンの現地の人々が主体となって進めている
医療・地域保健・教育活動を日本からサポート。

◇ヒューマンライツ・ナウ事務局長/弁護士 伊藤 和子氏
1994年弁護士登録、以来女性、子ども、冤罪など、人権問題にかかわって活動。
2004年ニューヨーク大学ロースクール留学、2005年国連インターン等を経て
2006年国際人権NGOヒューマンライツ・ナウを立ち上げ、以後事務局長として
国内外の人権問題の解決を求めて活動中。

◆司会:正田 満氏(玉川聖学院社会科)

<参加申込>
参加申込フォーム(http://bit.ly/2lCn8bK) よりアクセスし、必要事項記入の上、お申込みください。
上記からお申込みができない場合は、HRN事務局(info@hrn.or.jp)宛に、件名を「3/26 春休み人権セミナー 参加希望」として、お名前、ご連絡先を明記の上、お申し込みください。
※当日参加も可能ですが、人数確認の為できるだけ事前のお申込みにご協力いただけますと助かります。

<主催>
認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ(HRN)
<協力>
玉川聖学院

2017-03-29:
担当者 ヒューマンライツ・ナウ  登録日時 2017-03-16 14:20 (43 ヒット)

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウでは、これまで大好評だった「英語で学ぼう!世界の人権問題」を今年も開催いたします。

アメリカではトランプ新政権の誕生、イギリスのEU離脱、ヨーロッパでは移民排斥を訴える政党が支持を得るなど、世界で排他主義が懸念されています。また、私たちの身近でもヘイトスピーチ、セクシュアルハラスメント、性的マイノリティ、障がい者の方々をめぐり差別的な事件が相次いでいます。そんななか、この機会に是非英会話レッスンを通して国際人権問題について学んでみませんか?

本企画では、英語で書かれた国際人権問題に関する資料を教材に、世界で起きている人権侵害の現実とその課題について学び、解決策を考え話し合うことを目的にしています。英語だけでなく、国際人権法などの知識も身につく内容となっております。

ネイティブの講師を迎えて、授業はすべて英語で行われます。「英語で会話したり自分の意見をもっと言えるようになりたい」、「世界の人権問題について英語で学びたい」、「今のスキルを伸ばしたい、知識をもっとつけたい」、そんなあなたにぴったりの講座となっております。

前回のセミナーに参加された方も、初めて参加される方もクラスを楽しんで頂けるように、日本に関連するより身近なトピックも追加しました。1時間半の授業の中で、英語で話し合うディスカッションの時間もたっぷりと確保しています。

講師陣は、NY州弁護士のCade Christopher Mosleyさんと日英バイリンガルの講師、Daniel Fergusonさんが担当します。
基本的な英語力があれば、どなたでもご参加できます。

学生の方も社会人の方も、どなたでもご参加頂けますので、ぜひ、お誘いあわせの上、お申込みください。

※1回のみ参加することも可能です。複数回の参加をご希望の方は、回数券をお求めいただくとお得です。

2017-04-01: あらゆるアートは共謀/狂暴である
担当者 freeartuniv  登録日時 2017-03-11 11:43 (27 ヒット)

政府プロパガンダを共謀する!



国会で上程が予定されている共謀罪(政府は「テロ等準備罪」と言う)は、600以上の違法行為を対象に、相談や目配せだけで(実際にやろうとやるまいと)犯罪にするというとんでもない法案だ。この法案はアーティストにとってもかなりヤバい!共謀罪は文化弾圧でもあり、ストリートの自由を圧殺し、対抗文化を根絶やしにする。だからこそ、今あえて、共謀罪に反対するアクションを共謀し、戦時極右政権の下での反政府プロパガンダを共謀しなければならないのではないか!?

2017-04-05: 英語で学ぼう!世界の人権問題
担当者 ヒューマンライツ・ナウ  登録日時 2017-03-16 14:22 (32 ヒット)

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウでは、これまで大好評だった「英語で学ぼう!世界の人権問題」を今年も開催いたします。

アメリカではトランプ新政権の誕生、イギリスのEU離脱、ヨーロッパでは移民排斥を訴える政党が支持を得るなど、世界で排他主義が懸念されています。また、私たちの身近でもヘイトスピーチ、セクシュアルハラスメント、性的マイノリティ、障がい者の方々をめぐり差別的な事件が相次いでいます。そんななか、この機会に是非英会話レッスンを通して国際人権問題について学んでみませんか?

本企画では、英語で書かれた国際人権問題に関する資料を教材に、世界で起きている人権侵害の現実とその課題について学び、解決策を考え話し合うことを目的にしています。英語だけでなく、国際人権法などの知識も身につく内容となっております。

ネイティブの講師を迎えて、授業はすべて英語で行われます。「英語で会話したり自分の意見をもっと言えるようになりたい」、「世界の人権問題について英語で学びたい」、「今のスキルを伸ばしたい、知識をもっとつけたい」、そんなあなたにぴったりの講座となっております。

前回のセミナーに参加された方も、初めて参加される方もクラスを楽しんで頂けるように、日本に関連するより身近なトピックも追加しました。1時間半の授業の中で、英語で話し合うディスカッションの時間もたっぷりと確保しています。

講師陣は、NY州弁護士のCade Christopher Mosleyさんと日英バイリンガルの講師、Daniel Fergusonさんが担当します。
基本的な英語力があれば、どなたでもご参加できます。

学生の方も社会人の方も、どなたでもご参加頂けますので、ぜひ、お誘いあわせの上、お申込みください。

※1回のみ参加することも可能です。複数回の参加をご希望の方は、回数券をお求めいただくとお得です。


2017-04-11: 資本主義社会のなかの身体とダンス・パフォーマンス
担当者 freeartuniv  登録日時 2017-03-11 12:03 (34 ヒット)

ダンスワークショップ|自由芸術大学
「資本主義社会のなかの身体とダンス・パフォーマンス」
――すべては今・ここの身体から、この社会で生きる私が始まります。



第1回 2017年4月11日(火)19:30~21:00
第2回 2017年4月25日(火)19:30~21:00
※5月以降も継続予定

講 師:權田菜美/ゴンダナミ(ダンサー、パフォーマンス・アーティスト)
会 場:素人の乱12号店|自由芸術大学
166-0002 東京都杉並区高円寺北3-8-12-2F
費 用:参加無料。投げ銭制。
問合せ:ngonda716@gmail.com
持ち物:運動のできる服装、飲み物、バスタオルもしくはヨガマット、ノート、筆記用具(必要な方はおやつなど)
※バスタオルやヨガマットは、床に敷いて、寝そべって体をほぐす動きのために使います。
詳 細:http://wp.me/p8lNlU-5z

2017-04-12: 英語で学ぼう!世界の人権問題
担当者 ヒューマンライツ・ナウ  登録日時 2017-03-16 14:23 (32 ヒット)

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウでは、これまで大好評だった「英語で学ぼう!世界の人権問題」を今年も開催いたします。

アメリカではトランプ新政権の誕生、イギリスのEU離脱、ヨーロッパでは移民排斥を訴える政党が支持を得るなど、世界で排他主義が懸念されています。また、私たちの身近でもヘイトスピーチ、セクシュアルハラスメント、性的マイノリティ、障がい者の方々をめぐり差別的な事件が相次いでいます。そんななか、この機会に是非英会話レッスンを通して国際人権問題について学んでみませんか?

本企画では、英語で書かれた国際人権問題に関する資料を教材に、世界で起きている人権侵害の現実とその課題について学び、解決策を考え話し合うことを目的にしています。英語だけでなく、国際人権法などの知識も身につく内容となっております。

ネイティブの講師を迎えて、授業はすべて英語で行われます。「英語で会話したり自分の意見をもっと言えるようになりたい」、「世界の人権問題について英語で学びたい」、「今のスキルを伸ばしたい、知識をもっとつけたい」、そんなあなたにぴったりの講座となっております。

前回のセミナーに参加された方も、初めて参加される方もクラスを楽しんで頂けるように、日本に関連するより身近なトピックも追加しました。1時間半の授業の中で、英語で話し合うディスカッションの時間もたっぷりと確保しています。

講師陣は、NY州弁護士のCade Christopher Mosleyさんと日英バイリンガルの講師、Daniel Fergusonさんが担当します。
基本的な英語力があれば、どなたでもご参加できます。

学生の方も社会人の方も、どなたでもご参加頂けますので、ぜひ、お誘いあわせの上、お申込みください。

※1回のみ参加することも可能です。複数回の参加をご希望の方は、回数券をお求めいただくとお得です。

2017-05-20: Present Tree in 笛吹みさか」植樹イベント参加者募集
担当者 NPOEr  登録日時 2017-03-16 12:36 (13 ヒット)

山梨県笛吹市「Present Tree in 笛吹みさか」で、第1回目の植樹イベントを行います!
「日本一の桃の郷」を誇る自然景観美しい山梨県笛吹市は、面積の約6割が森林ですが、近年マツクイムシ被害や手入れ不足等が原因で、アカマツ人工林の荒廃が進んでいます。
Present Treeでは、アカマツ人工林のマツクイムシ被害木を伐採し地元植生の広葉樹を植え、生物多様性豊かな森に戻していきます。
当日は植樹体験のほか、昼食は郷土料理の「ほうとう」、午後はシイタケの駒打ち体験、と楽しいプログラムを提供します。
深緑の美しいこの季節、皆さまお誘い合わせのうえ、是非ご参加ください!作業後、石和温泉での立寄り温泉もおすすめです!
詳しくはこちら http://www.presenttree.jp/tour/misaka/pt_misaka2017.pdf

<< 前のイベント
アースデイJP ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

アースデイ(地球の日)は4月22日、毎年Earth Dayの期間には世界各地で持続可能な社会を表現する、自由なイベントやアクションが行われています。
アースデイJPでは、多様なコミュニティーが開催する、日本各地のアースデイー情報を発信しています。

translation korean chinese english