新着イベント

2017-10-15: 第3回 全国中高生「世界子どもの日」 映像スピーチコンテスト
担当者 ヒューマンライツ・ナウ  登録日時 2017-09-28 13:21 (62 ヒット)

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、「世界子どもの日」によせて、映像スピーチコンテストを開催します。
中学生、高校生のみなさんに、「子どもの人権・権利」、「世界や日本の子どもたちの状況と人権の大切さ」、
「身近なところで感じた人権の大切さ」などについて語った映像をヒューマンライツ・ナウに送っていただき、
審査員により審査を行います。

そして、優勝者を、ヒューマンライツ・ナウが主催する「世界子どもの日チャリティーウォーク&ラン2017」へ
ご招待します。プロフェッショナルなスピーチ指導を受けて頂いた上、閉会式で披露していただきます。
中高生の皆さんが自分がスピーチしているところを動画に撮影し、締切(2017年10月15日)までに
団体に送っていただくだけで、あなたも簡単にコンテストに参加することができます。
ぜひ、積極的な応募をお待ちしています。

詳細は http://hrn.or.jp/speech/ をご覧下さい。

2017-10-13: 10/13(金)WORLD FOOD NIGHT2017
担当者 hfw  登録日時 2017-09-20 13:39 (58 ヒット)

世界食料デー(10月16日)前の13日(金)の夜、食料問題に興味がある
人たちが集まってWORLD FOOD NIGHTを開催します。「食」の問題の解決に向けて
すでに活動している方に情報提供してもらいながら、プレゼンターとイベント
参加者、イベント参加者同士で自由に交流するネットワーキングイベントです。
世界の食料問題の解決に向けて、何か行動している人は活動を共有する場として、
これから何か始めたいと思っている人はそのヒントを見つける場として、ぜひ
お気軽にご参加ください!

【日時】2017年10月13日(金)19:00-21:00(開場18:00)
    *18:00から「世界食料デー」月間2017呼びかけ団体が
     ミニブースを出展する予定です。
【場所】 3331 Arts Chiyoda(東京都千代田区外神田6丁目11-14)<地図>
【プログラム(予定)】
 19:00 趣旨説明・開会の挨拶
 19:10 プレゼンテーション
 19:40 交流タイム
 20:10 プレゼンテーション
 20:40 交流タイム
 21:00 終了

<プレゼンター>(五十音順)
・小尾あさみさん
横浜市立大学国際総合科学部4年。国際協力NGOハンガー・フリー・ワール
ド元インターン。飲食店でのアルバイトからフードロス問題に興味を持つ。
今年の「世界食料デー」月間に向けて、学生有志としてフードロスを語り合う
ディスカッションイベント「『食』を深く考える夜」を主催した。

・後藤志果さん
Tokyo Urban Permacultureマネージャー/TUP渋谷支部。「世界で一番地球に
優しい都市Tokyo」の誕生を希望のシンボルに、都会からはじまる人と自然に
優しい暮らしの提案と実践を行う。TUPでは、渋谷区を中心に活動中。12年に
わたるスピリチュアルカウンセラーとしての専門的な視点も生かして、志を
果たして生きることへのサポートもしている。

・澁川隆一さん
キユーピー株式会社 広報・CSR本部CSR部社会・環境チーム。神奈川県
出身。農学修士。2000年キユーピーグループ(株式会社中島董商店)入社。
システム開発、経理、労務、卸売業管理業務を経て、2015年より現職。グループ
のCSR活動推進、社会・環境報告書、フードバンク窓口等を担当。キユーピー
みらいたまご財団の運営に参画。

・西野俊一郎さん
公益社団法人国際農林業協働協会(JAICAF)主任研究員。鳥取県出身。
農学修士。2010よりJAICAFに勤務し、ウガンダ、タンザニア、エチオピアに
おいてアグリビジネス展開・促進実証モデル事業等に従事。2016年より、
アフリカでの地産地消事業の担当としてケニアにポン菓子の技術を導入し、
地域の穀物の付加価値を高めるための実証試験を行っている。

・星川あいさん
神奈川県出身。管理栄養士。高校生の頃に初めて国際協力分野に興味関心を
持って以降、大学在学中からタイ・カンボジアなど東南アジア諸国を中心に
ボランティア活動に参加。病院勤務、小学校勤務を経て2015年7月より青年
海外協力隊として南太平洋の島国フィジーで公衆栄養活動に従事。2017年6月
帰国。

・芳澤円優さん
高校1年生。中学3年生のときに「食の大量廃棄と日本にも飢餓がある」
ことを知り、チームfood moVing on!! の活動を開始。食品ロス削減に向けた
啓発を行うため、「こども国連サスティナブル大使」のプロジェクトで
ファンドレイジングを行い、リーフレットを作成。その取り組みが消費者庁の
『消費者白書』などに掲載された。

*「世界食料デー」月間2017呼びかけ団体の職員も会場にいますので、お気軽に
お声かけください。

【対象】食料問題や社会問題に関心のある方(学生、会社員、NGO/NPO職員など)
【定員】70名
【参加費】一般2000円/学生1500円(軽食付き)
     【早割り】10月3日(火)までにお申し込みいただいた方
      一般1500円/学生1000円(軽食付き)
      * 学生の方は当日学生証の提示をお願いします。

【参加申し込み】お申し込みフォームに必要事項を入力して送信してください。
* 申し込み後、致し方ない理由でキャンセルする場合は10月9日(月)までに
ご連絡ください。10日以降はキャンセル料の振り込みをお願いします。
【お問い合わせ】 「世界食料デー」月間2017事務局
(ハンガー・フリー・ワールド内 担当:儘田)
Email:wfd@hungerfree.net TEL:03-3261-4700
http://worldfoodday-japan.net/

2017-10-11: 【セミナー・京都】環境を守る物語の力-東北タイの伝承と開発
担当者 mekong  登録日時 2017-09-22 11:51 (50 ヒット)

■日時 2017年10月11日(水)18:45-20:30
■場所 京都アンテナカフェ&スペース 御所西
京都市上京区新町通丸太町上る春帯町349-1
   地図 http://www.antennacafe.com/#access
■アクセス
京都:地下鉄 丸太町駅 徒歩4分
市バス (系統10、93、202、204) 府庁前 徒歩1分
■定員 
東京50名 京都30名
■資料代 700円(メコン・ウォッチ会員、25歳以下は無料)
■申込み
以下のフォームからお申込みください。
https://goo.gl/fNEcD1

■主催 特定非営利活動法人メコン・ウォッチ
■助成 三井物産環境基金
■お問合せ先
特定非営利活動法人メコン・ウォッチ
Tel: 03-3832-5034 Fax: 03-3832-5039

2017-10-10: 【セミナー 東京】環境を守る物語の力-東北タイの伝承と開発
担当者 mekong  登録日時 2017-09-22 11:45 (52 ヒット)

■日時2017年10月10日(火)18:45-20:30
■場所 地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F
地図http://www.geoc.jp/access
■アクセス
地下鉄表参道駅より徒歩5分・JR他渋谷駅より徒歩10分
■資料代 700円(メコン・ウォッチ会員、25歳以下は無料)
■申込み
以下のフォームからお申込みください。
https://goo.gl/Pp4ntk
■主催 特定非営利活動法人メコン・ウォッチ
■助成 三井物産環境基金
■お問合せ先
特定非営利活動法人メコン・ウォッチ
Tel: 03-3832-5034 Fax: 03-3832-5039

2017-09-30: 【9/30(土)】関西セミナー 適正技術とこれからの社会 [主催:APEX]
担当者 APEX  登録日時 2017-09-04 15:37 (126 ヒット)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年9月30日(土) 第39回関西APEXセミナー
「適正技術とこれからの社会―インドネシアでの排水処理・
バイオマスエネルギー事業の実践をふまえて―」
詳細URL:http://www.apex-ngo.org/kokunai/semiosaka.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
環境・資源、貧困と格差、深刻さを増す紛争とテロの問題など、
今日の世界は、解決が容易ではないさまざまな問題に直面しています。
問題を技術の面から考えると、効率・規模・速度等の増大〜拡大を
めざしてきた、これまでの近代的な科学技術体系の単純な延長上には、
地球の未来を描くことはむずかしいのではないでしょうか。

適正技術は、概して、それぞれの地域(とりわけ「途上国」)の社会的・
経済的あるいは文化的条件に即し、住民が参加しやすく、そこにおける
ニーズを効果的に充たす技術を指しています。ところが、適正技術には、
その概念が生まれた当初から、近代科学技術がもたらす環境・資源や
労働疎外などのさまざまな問題を念頭に、それらの問題を乗り越える
代替的技術という意味もこめられていました。

このセミナーでは、インドネシアでの排水処理やバイオマスエネルギー
分野の実践をふまえて、適正技術とこれからの望ましい社会のあり方に
ついて考えます。

──────────────────────────────────┐
◆日時
──────────────────────────────────┘
2017年9月30日 (土) 15:00〜17:00 (14:30受付開始)

──────────────────────────────────┐
◆会場
──────────────────────────────────┘
イオンコンパス大阪駅前会議室 RoomC(大阪駅前第2ビル15階)
〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-500

○会場アクセス
地下鉄 御堂筋線・梅田/四つ橋線/西梅田/谷町線・東梅田
J R 大阪駅/東西線・北新地駅
私 鉄 阪神電車・梅田/阪急電車・梅田

○地図 http://www.aeoncompass-kaigishitsu.com/osaka/access/

──────────────────────────────────┐
◆参加費
──────────────────────────────────┘
APEX会員:300円、一般:800円

──────────────────────────────────┐
◆詳細・お申し込み
──────────────────────────────────┘
下記のセミナーページよりお申込フォームを送信いただくか、
直接事務局までご連絡ください。
http://www.apex-ngo.org/kokunai/semiosaka.html

──────────────────────────────────┐
◆主催
──────────────────────────────────┘
(認定)特定非営利活動法人APEX (担当:塩原)
住所:〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12井上ビル
TEL:03-3875-9286  FAX:03-3875-9306
E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org
HP:http://www.apex-ngo.org/

──────────────────────────────────┐
◆講師
──────────────────────────────────┘
田中 直(特定非営利活動法人APEX代表理事)
1976年、東京大学工学部卒業後、石油会社で石油精製プロセス管理、
廃プラスチック再生、バイオテクノロジー、排水処理などの業務に
従事する一方、1987年の設立当初からAPEX代表を務め、1999年より
専従(代表)となる。理学博士。
著書に『適正技術と代替社会−インドネシアでの実践から』 (岩波新書)、
編著書に『転換期の技術者たち』、『第三世界の問題を考える』(剄草書房)
など。

2017-09-27: エシカルな世界を目指して、私たちにできることは?
担当者 ヒューマンライツ・ナウ  登録日時 2017-09-21 15:29 (41 ヒット)

 私たちの着る服や食べるもの、身の回りの多くのモノが、海外の生産現場でつくられています。そこでは児童労働、貧困問題、環境破壊等、途上国の人々の課題を改善するどころか不幸に突き落とすような出来事が今も発生しています。

カンボジア、ミャンマー、中国等、ファストファッションの最前線で若い女性や子どもたちが未来を奪われている実情をヒューマンライツ・ナウは目撃し、伝えてきました。

見ないふりをしていても私たちは加担していないでしょうか。私たちが選ぶことを通じて、そんな世界のサイクルを持続可能な方向に変えるにはどうしたいいのでしょう。

「エシカル」をキーワードに大活躍されている、一般社団法人エシカル協会代表理事の末吉里花さんとモデルでエシカル・ファッションプランナーの鎌田安里紗さんをお迎えし、エシカルな社会をつくるために、日本ではじまっている様々な取り組みについてご紹介いただき、私たちに今求められることをディスカッションしたいと思います。

同時に、ファストファッションの最前線で人々の権利を守るヒューマンライツ・ナウの最近の取組についてもご報告します。多くの皆様の御参加をお待ちしています。

2017-09-02: 【9月2日講演会】『基地建設問題とハンセン病から考える沖縄 ~差別の構造』
担当者 parc  登録日時 2017-08-23 14:05 (83 ヒット)

 高江や辺野古の米軍基地建設現場に日参し、 監視と調査を続け、土木技術者の専門的見地から 政府のずさんな工事や計画を指摘し、抗議の声を上げる 奥間正則さんにお話いただきます。
奥間さんのご両親はハンセン病患者でしたが、生前にそのことを 話すことは一切ありませんでした。
大人になり、両親の病気のこと、ハンセン病に対する差別の事実を知った時の衝撃はとても大きいものでした。
国策として長年隔離政策をとりハンセン病患者への差別を助長させた、 政府と何十年も基地を沖縄に押しつけてくる国の構図は同じではないか、と 奥間さんは語りかけます。
この講演会では高江、辺野古の最新情報と 基地問題とハンセン病、二つのキーワードから 沖縄に押しつけられた差別の構造についてお話いただきます。
東京で奥間さんのお話をお伺いできる機会は なかなかありません。 ぜひご参加を!!!
 

※PARCでは11/23-26で辺野古、高江、読谷村などを訪れるアクションツアー沖縄を企画しています。詳細はこちらから。
https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id=68

2017-08-22: 【8/22】新作DVD上映会 『コンビニの秘密 ―便利で快適な暮らしの裏で』
担当者 parc  登録日時 2017-08-09 14:33 (122 ヒット)

PARC最新作『コンビニの秘密―便利で快適な暮らしの裏で』の完成記念上映会を行います。

 日本全国で約5万5000店が営業するコンビニエンス・ストア。365日24時間営業の店舗が提供するサービスは、いまや私たちの日々の暮らしを支える「社会のインフラ」ともいわれています。
 しかし、その一方で、加盟店に負担を強いるフランチャイズ契約、オーナー・アルバイトの長時間労働、見切り販売ができにくいため起こる大量の食品廃棄といった問題も指摘されています。
 便利さ・快適さの裏で、私たちが失ってしまっているものとは?
 コンビニを通して、私たちの社会のしくみ、生産と消費、労働のあり方を考えます。

 作品上映後には、監督の土屋トカチさんによるトークと、監修者の古川琢也さん他、取材協力者の方々を招いてのミニシンポジウムを行います。取材を通して聞こえてきた現場の声、加盟店オーナーの目から見たフランチャイズ契約と労働環境、食の専門家が考える本当に豊かな暮らしなど、コンビニのある生活の裏側をさまざまな視点から見つめなおす貴重な機会です。ぜひご参加ください。


2017-08-20: 「美ら海を未来へ」上映会&資料展示@柏
担当者 t.tamiya  登録日時 2017-08-08 14:37 (143 ヒット)

沖縄の美しい海や森と共にある生活、沖縄戦の歴史や常に基地と隣り合わせに生きる人々の思いに触れてみませんか?ご友人やご家族と、お一人様でも気軽にお立ち寄りください。
−−−
◆日時:2017年8月20日(日)
◆上映会
 ○1回目 15時半から17時
 ○2回目 18時半から20時
 ※受付は各回開始15分前
◆会場:パレット柏 ミーティングルームD
 柏駅南口から徒歩3分
 https://www.palettekashiwa.jp/access/
◆15時半から20時半に同会場にて関連資料の展示を開催。
 上映時間以外はどなたでも観覧自由です。
◆資料代:700円
◆主催:エナガの会(戦争しないさせない市民の会・柏)
 問合せ:sinai.sasenai.kashiwa@gmail.com
 詳しくはこちらをご覧下さい。 http://blog.livedoor.jp/longtailed_tit_k/archives/23846112.html

2017-07-25: 【首都圏で開催、海外ボランティア説明会】あなたが変わる旅、世界が変わる旅へ!
担当者 NPO法人CFF  登録日時 2017-07-25 12:58 (85 ヒット)

"2017年夏開催、CFFの海外ボランティアプログラムの説明会を実施します!まずは気軽に説明会からご参加くださいね。
説明会ではキャンプやツアーの""プログラムリーダー""を中心に団体のこと、現地での体験、活動の詳細などを写真やムービーを交えてお話しします。質問タイムもとるので、不安や疑問を解消してください。

説明会から、この夏フィリピン・マレーシア・ミャンマーへ飛び込もう!あなたが変わる、世界が変わる旅へ!

【説明会日程】 
▼7月27日 (木)19:00〜20:30(18:45会場)会場
▼7月29日 (土)14:00〜15:30(13:45会場)会場
▼7月30日 (日)18:00〜19:30(17:45会場)会場.札鵐拭偲512
▼7月31日 (月)19:00〜20:30(18:45会場)会場
[会場]:
 々駑オリンピック記念青少年総合センター(小田急線「参宮橋駅」より徒歩7分)  
◆‘鄲臘傭楼菠顕汁和ご曄併骸蠕「大塚駅」より徒歩5分)
 CFFジャパン事務局(山手線「大塚駅」より徒歩5分)
ぁ‥豕ボランティアセンター セントラルプラザ10階フリースペース(JR/地下鉄飯田橋駅直通)
ァ”霏¬逎廛譽ぅ后JR武蔵境駅南口より徒歩1分)
Α,気い燭淹垰毀嘘萋哀汽檗璽肇札鵐拭次 ̄栽促僖襯9階フリースペース(JR浦和駅より徒歩1分)
А,ながわ県民サポートセンター10階ボランティアサロン(横浜駅より徒歩5分)




お申し込みはこちらから
http://www.cffjapan.org/blog/explanation/2017cff-1.html
--------------------------------------------------------

説明会、随時増設中!詳細はホームページから→http://www.cffjapan.org/

【CFFのプログラムについて】
★ワークキャンプ…現地の青年たちと一緒に寝食をともにしながら「子どもの施設」やその周辺コミュニティーで体を動かしながらボランティアワーク行い、施設建設や村の発展に貢献します!貧困地域などを訪れるミニスタディツアーや、現地の青年たちと語り合うセミナーもあります。

★スタディツアー…普通の観光ツアーではいけないような貧困地域、先住民族の村や、地元のNGOなどの現地の様々な支援団体を訪問し、世界の現状を肌で感じるとともに現地の人々と交流しながら「豊かさ」「幸せ」「平和」とは何か学びます。
2017年夏からはミャンマーでも開催!

CFFのプログラムを通して過去20年で、約4000人の人がプログラムに参加しています。
詳細資料の請求はこちらから→http://www.cffjapan.org/request/

<< 前のイベント次のイベント >>
アースデイJP ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

アースデイ(地球の日)は4月22日、毎年Earth Dayの期間には世界各地で持続可能な社会を表現する、自由なイベントやアクションが行われています。
アースデイJPでは、多様なコミュニティーが開催する、日本各地のアースデイー情報を発信しています。

translation korean chinese english