Top / 英訳対談

英訳対談:須田春海氏、デニスヘイズ氏

司会
ここからは二人の対談ということで、久しぶりに会って、こんなことを聞いてみたかったんだとか、これを伝えたかったんだっていうのを通訳さんを介してですが、皆さんに聞いていただくっていいますか、対談ということで、ぜひお話をしていただければと思います。それで、お二人のこういった活動家の人たちの経験を皆さんがまた満足して持ち帰っていただければなあと思います。じゃあ、まあ質問というかコメントを須田さんのほうからしていただけますか。

We'd like you two [Mr. Hayes and Mr. Suda] to have a talk from now, letting the audience listen to the dialog of yours, through the interpreter. Meeting each other after a long time, both of you must have a lot of things to ask or tell each other, and I hope everyone coming here today will share the experience you've had as activists and take it back home. So, now, Mr. Suda, could you start first, with a question or a comment?

須田氏
ぼくらちょうど同じ年、1942年生まれです。(デニスさんが44年生まれだと訂正)二つ下だ。ぼくが二つ上なんですね。それである意味ではアメリカの市民と日本の市民てのは、ぼくらはアメリカの市民から学ぶことが多いですが、同時代的な経験をずっとさしていただいてる。
ぼくらの市民運動のある意味では、まあ、分かりやすい言葉で言えばお師匠さんだよね。ラルフ・ネーダーっていう人。この前ネーダーは、二回大統領選挙に立候補して、なぜ立候補したのかぼくにはよく分からない。それで、結果としてブッシュが当選してしまったといわれてるんですが、そのことについてどう思いますか、っていうのを、ちょっと聞いてみたい。

Both of us were born in the same year, 1942. (Mr. Hayes corrected him that he was born in 1944.) Oh, you're two years younger than me. I'm two years older. Well, in some ways, American citizens and Japanese citizens, we Japanese often learn from Americans, have been sharing contemporary experience.
Ralph Nader, "the master" of our citizens movements, in a way. He run for president twice before, but I didn't understand why he did it. That caused Bush's win as a result, people said, and I'd like to ask you what you were thinking about it.

ヘイズ氏
私はラルフ・ネーダーに、大統領に立候補しないようにと強く説得しました。彼がしてもケリーの票が減るだけでしたから。彼はどうして立候補するのか、ちゃんとした説明をせずに、勝てると思うとだけ言い続けていました。彼は自負心が強かったんだと思います。

I have tried very hard to persuade Ralph Nader, not to run for president, because he could only take polls away from John Kerry. He had no good explanation for why he was running. He kept on saying that he thought he could win. But… and even when just two people talking, he said the same thing. He could not believe them. And I don’t understand it. He was, I think, exercising egotism.

ヘイズ氏
もっと大きな問題は、「どうしてブッシュが勝ったか?」です。ブッシュとケリーとでは環境面にどれほど大きな違いがあったのか、そこを認識することが重要です。ブッシュは環境問題に関してアメリカ史上最悪の大統領です。ケリーはこれまでのアメリカ(の大統領)の中で、一番の環境保護論者です。この違いは大変なものです。そして選挙は接戦でした。約3億人の国民のうち5万人がケリーに入れていたなら、今頃彼は大統領です。あと5万人だけですよ。でも環境問題は大統領選の論点ではありませんでした。ブッシュはテロリズムと経済状態に注意をひきつけておく、とても効果的な選挙活動を行いました。そして、ケリーはとてもいい大統領になっただろうとは思いますが、彼はブッシュほど選挙活動が上手ではありませんでした。つまらないところでケリーは私とそっくりです。ほとんど笑顔を見せないところとか。人類の未来が誰かの笑顔の頻度に左右されているなんて、信じがたいことです。しかし私たちは実際に負けてしまったのですから、次は勝たなくはなりません。

The harder question is “why did Bush win?” It’s important to recognize environmentally how big the difference was between Bush and Kerry. Bush is the worst environmental president in the American history. And Kerry is the best environmentalist who has ever been in the United States. The difference is absolutely enormous. And the election was very close. If 50 thousand people out of a nation of almost 300 million people had voted for Kerry, he would now be president. Just 50 thousand more. But the environment wasn’t the issue in the election. Bush ran the very good campaign keeping the attention on terrorism and keeping the attention on the state of the economy. And, well, I believe Kerry would have made an excellent president. He was not as good as a campaigner for president as Bush was. Many silly little things, Kerry very much like me, seldom smiles. It is very difficult to believe that the future of mankind depends upon how much somebody smiles. However we lost the election and we need to win it next time.

★テープ起こし:芹沢みえ?

須田氏
ちょうどそのアメリカの大統領選挙の結果を、僕らもずっともう、4年前も徹夜の状態で見て、で、今年もまあ一生懸命見て、それでそのあとアメリカの大学の政治学者が分析した結果を見ますとね、その、赤と青、共和党と民主党の赤と青、で、こう混ざると、パープルアメリカっていう分析をしてる、っていうことが書いてあった。都市は圧倒的に民主党の支持ですね。それで多くの地域・地方は共和党の支持ですね。それで僕はすごく懐かしく感じたのは、この構図は実を言うと日本がずーっと引きずってきた構図なんです。僕はその、1960年70年に革新自治体の仕事をしましたって言いましたが、そのとき都市は全部リベラル、ですが、全国はずっと圧倒的にコンサーバティブ、で、気がついたらその間にももう1回、都市は新保守主義の流れになっています。まぁ、わが東京都の石原君もそうですね、ちょうど今デニスさんもその中にいて、相当、なんか苦しいだろうなという気がすると同時に、俺の気持ちが分かったかい、と言いたいという・・・。
で、議論をばっと変えますが、デニスさんはグリーンシールをずっと一生懸命やってましたけど、今グリーンシールはどうなってるでしょうか。

司会
じゃあ、グリーンシールの説明を含めて、お願いできますか。

ヘイズ氏
今では様々な製品にいろいろなグリーンシールをつけています。私たちが認定しているのは、例えば持続可能な伐採方法をとった木材であるとか、木製品。持続可能な農業、農作物、衣類。持続可能な漁業、同じく海産物。その中にはとてもよい活動をしているものもあります。

We now have many different seals for a different price.
We have a certify, for example, sustainably harvested lumber and wood products.
And sustainably harvested organic agriculture and crops and clothing.
And sustainable fishery products, and it’s the same for fishings.
And some of these are doing very very well.

ヘイズ氏
しかしアメリカでは個人が購入する製品、つまり家、自動車といったものが最も環境破壊に加担しました。みんな環境に与える影響についての情報はたくさん持っているのに、それでも多くの人が自ら悪い選択をしています…。

However the products that the individuals buy did do the greatest harm in America, their houses, and their automobiles, even though people have great information about the environmental impacts, many are still choosing voluntarily to make very bad choices…

ヘイズ氏
だから、人々に情報を与えるグリーンシールと、燃費のいい自動車を企画するなどの政府側の規定は連携する必要があります。

So I think we need you have a combination of seals that give information to people, and government regulation that stops you for making very bad price, such as high fuel-efficiency standards for all automobiles.

ヘイズ氏
日本で環境対策向けのラベルやシールは広まっていますか?
Are their environmental labels and seals common in Japan?

須田氏
えっと、みなさん見たことありますか。まぁ、エコマークというのが日本にありますが、基準は非常に緩いものです。で、デニス・ヘイズさんがずっと関わってきたグリーンシールというのは非常に、そのものができるところから壊れるところまで、非常に厳密な調査をして新しいシールをつくろうとしたのがグリーンシール、それに匹敵するものが残念ながら日本にはない、と思います。
ただこれは矛盾でして、消費者は出来るだけ簡単に分かりやすいもので、そんなに深刻に考えずに簡単にいいものを選びたい、と思いますね。で、そういう意味では、今、省エネラベルが少しずつ普及してきた、という・・・

★テープ起こし:村上佳代?

ヘイズ氏
Green Seal’s standards were so very high that too few products could qualify for them, and as a consequence it lost momentum, because people, only if the product was cheap and efficacious, there were enough, tens of millions of people were willing to buy it. So, but one exception where we have been very successful for this is organic and sustainably-harvested food. When people are going to put something in their bodies or in their children’s bodies, they are prepared to pay a little bit more to know that they are not harming anything. Though the driver there may be more personal health than the environment, still it has an environmental benefit.

司会
日本でもそういう流れにはなっているのかなぁと思いますけれども、今あの、そのグリーンシールのお話もありましたけれども、あの後少しで一回休憩に入りたいと思いますが、今そのアースデイのムーブメントから実際に今、その商品のお話ですとか,ソーラー、太陽の話といった具体的なアクションのお話伝えてきましたけど、もう一つくらい別のトピックでお伺いしたい、ここで皆さんとお話したいと思いますけど、いかがでしょうか。

須田氏
京都議定書にアメリカが復帰する可能性っていうのは、やはりブッシュが変わらない限りないだろうと。いうことで、それと同時に、アメリカの企業は、排出量取引っていうのわかりますかねぇ、CO2を排出しているものをどれだけ量を取引しているか、それに関しては非常に国際的には関心を持って動いているようですね、その関係はどうだろうか。

ヘイズ氏
Several answers. First, the Bush administration and the Republican Congress will not ratify Kyoto. So for national ratification, we must wait until another election. However there has been much action at the state level and at the local level in the United States. For example, although the Federal Government will not have strong carbon dioxide emission standards for automobiles, ten states have passed very strong emission standards for automobiles, very high fuel-efficiency standards. And they include huge states like California, New York, Massachusetts, my state Washington, and if you add all of these states together, they would be the equivalent of the third largest emitter of greenhouse gases in the world. And my city, for example, Seattle has ratified the Kyoto protocols as a city. And we have set up a citizens' task force to make sure that it gets implemented. It is co-chaired by the CEO of Starbucks Coffee Company and by me. And we are now reaching out to get two hundred other American cities to ratify Kyoto, and to pledge to lower their greenhouse gases. Regardless of what the Federal Government does, the cities can operate on their own. As Suda-san said, the cities are more democratic and they are more environmental, and that's where most of the emissions take place, and so we think we can make great progress. And interestingly, we have big support on the farmsteads as well, because they want to have wind power and bio-fuels on their farmlands.

★テープ起こし:歌代真実子?

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 515, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: Tue, 21 Feb 2017 17:52:24 JST (333d)
アースデイJP ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

アースデイ(地球の日)は4月22日、毎年Earth Dayの期間には世界各地で持続可能な社会を表現する、自由なイベントやアクションが行われています。
アースデイJPでは、多様なコミュニティーが開催する、日本各地のアースデイー情報を発信しています。

translation korean chinese english