Top / アースデイ記録集 / アースデイとは


アースデイとは

アースデイ1970:歴史のはじまり

 1970年、ウイスコンシン州選出のG・ネルソン議員が、4月22日を"アースデイ"であると宣言、今年の同年20周年を迎えるアースデイを誕生させた。環境運動として20年続いてきたアースデイ運動の盛り上がりは、1990年4月22日、最高潮に達する。

 1960年代終わり頃には、環境問題や、その保護のための法整備に力を注ぐ政治家は国内に未だ少なく、ネルソン議員はその少数派の一人だった。学生運動・市民運動が盛んなこの時代に、彼はまずアースデイを、全国的なティーチインのテーマとして思いついた。そしてこのテーマを具体的なイメージとして、環境のかかえる顕在化したあるいは潜在的な問題に無関心でいる人びとに、アメリカ国内の自然環境がいかに悪い状態にあるかを伝えようとした。

 さらに彼はこの概念を、D・ヘイズ氏(現・アースデイ1990本部委員長)のコーディネイトした全国のアースデイ関係組織に広めていった。ネルソン氏のこのアイデアは、組織化された運動としてはアメリカ史上最大の"アースデイ1970"として結実し、2000万人以上が参加した。このイベントは、現代アメリカの環境運動の先鞭をきった。

1970年のアースデイに何が起きたか?

  • 2000万人以上の人びとがアースデイの各イベントに参加し、スピーチに聴き入り、セミナーを開催し、そして環境浄化のための具体的行動を起こした。
  • ニューユークシティでは、5番街が車両通行止めになった。また、10万人以上の人がセントラルパークのエコロジーフェアに参加した。
  • 国会が一日休会となり、500人以上の国会議員が各地の大学のティーチインに出席したり、環境問題についての講演を行ったりした。
  • 自動車労連が、スモッグの出ない車を呼び物にして、セントルイスのダウンタウンをパレードした。
  • オハイオ大の学生が、同州アテンズ市内の車に"これは環境汚染源です"と書かれたステッカーを貼ってまわった。
  • アイオワ州立大の学生は、キャンパスに入ってくる車を阻止するために、人間バリケードを作った。同様にシラキューズ大の学生は、車が門を通過できないようにした。
  • カリフォルニア・サンホセ州立大学の学生は車を焼いた。
  • ニューイングランドのオマハでは、学生たちがガスマスクをつけ、町中を歩き回ってこの日を祝ったので、ガスマスクが売り切れてしまった。
  • ウエストバージニアの市民は、地元のハイウェイから、ゴミを5トンも拾ってきて、都庁の階段にぶちまけた。
  • バッファローでは、人びとが風船とシャベルとゴミ収集用のリアカーを持って、シティホールの広場をパレードし、環境浄化キャンペーンを地域の人に印象づけた。
  • レイノルド・メタル・カンパニーは14州の大学にトラックを贈って、リサイクル用の缶入れ、ゴミ箱に入れられたアルミニウム缶の回収をしてもらった。
  • セントルイスでは、黒人グループが、動物実験用のラット、有毒鉛を原料としたペンキ、樹木のない通り、質の低いゴミ処理公共サービス、壊れたら壊れっぱなしの道路、消防・パトロール態勢の不備など、自分たち自身の環境問題を題材にした、街頭寸劇を上演した。
  • ある学生は、地球の尊さを表現するために、キャンパスの土を集めて袋に入れ、銀行の夜間金庫に"一年間"預け続けた。
  • ワシントン州のシントラリアでは、"ボクはゴミを食べる。キミは社会のためにどんないいことしてる?"というメッセージボードをつけた山羊が、芝生を歩き回った。
  • この日起こったイベントを3大テレビネットワークすべてが報道した。公共放送は、1日中アースデイのことを報道し続けた。

アースデイ1970後に何が起こったか?

  • 環境保護庁が創設された。
  • 非常に厳しい内容の新しい大気浄化法が、反対する者がほとんどない状態で上下両院で可決された。
  • 12人ほどいた"汚い議員連中"のうち7人が、選挙に敗北した。(彼らのこの不名誉な呼び名は、彼らが環境問題についてマイナスの態度を取り続けてきたことによる。)
  • 超音速旅客機の開発がストップした。
  • 軍は、突然変異誘発因子をもつ枯葉剤の、東南アジアにおける使用を禁じられた。
  • 工場内公害をなくすことを目的とした、連邦労働健康安全法が可決された。
  • ニュージャージーのW・ケイヒル州知事は、州立の環境保護機関を創るための法律にサインした。
  • ニューヨーク州知事のロックフェラー氏が、公害減少と環境保護のための行動をジョイントさせた条約にサインした。

アースデイ1970の名言集

  • 政府の行政機関や立法機関の人たちも、みんな見方である。
    ────ニューヨーク・タイムズ
  • 汚染された田園風景は、自由のアンチテーゼである。
    ────G・ネルソン議員
  • 子どもたちだけの問題じゃない。弁護士も医者も、科学者も、母親も、みんな巻き込まれているの。ジェネレーションギャップの存在しない、珍しい運動分野なんじゃないかしら。みんな同じ目的に向かってがんばっている。私たちはみんな、地球のハウスキーパーなのよ。
    ────デモ中のUSCの学生、オラ・シトロン(21)
  • 1968年の大統領選のように、環境問題を主要な論点とする候補者が誰一人としていないような政治キャンペーンは、今後二度と存在しえないと考えてさしつかえないでしょう。この問題が、国内の政治や人びとの日常会話、文学などに、非常に急速に浸透していった事実には注目すべきものがあります。
    ────ネルソン議員、アースデイを概説して

 アースデイ1970は、現代環境運動が全国の表舞台に躍り出て、マイクを引っつかみ徹底的、全面的な変革を求めたものだった。この運動は、すべての生命体の価値と重要性を定義づけていく動力となり、またアメリカの政治・政策を基礎から改善させた。

 G・ネルソン議員は現在、原生林地域保護協会の顧問で、アースデイ1990の共同委員長である。

デニス・ヘイズ氏の略歴

 20年前デニス・ヘイズはハーバード・ロースクールを中退し、史上最大の市民運動を組織した。アースデイと名付けられたこの運動は素晴らしい成功をおさめ、現代の環境運動の先駆けとなった。そして20年たった今、デニスは再び活動を開始している。今回の彼の任務は、1970年4月22日のアースデイ20周年を記念する行事としての意味をも含めて1990年に大規模な国際イベントを企画すること、そしてこのイベントが、新しい行動主義の時代=90年代に向けて環境運動を推進し、それを21世紀へと継続させていくものとなるようにすることである。

 1970年のアースデイの終了直後、彼は"環境アクション(Environmrntal Action)"という団体を創設し、1970年に成立した大気浄化法に対する主要なロビイストとなった。続いて彼は、スミソニアン学術協会でエネルギーと環境についての研究を指揮し、また、イリノイ州エネルギー局で理事として活躍した。

 1970年から1975年にかけては、ワールドウォッチの首席研究員として、約100種の出版物をてがけた。彼の著書の一つである『希望の光:石油燃料後の世界の変容』は、六カ国語に翻訳されている。

 1978年には"サン・デイ(Sun Day)"という、代替エネルギー開発時代の始まりとなった国際イベントの指導者として活躍した。ジミー・カーター大統領は、その後彼を太陽エネルギー研究所(所員1000人の連邦研究所で総予算1億2000万ドル)の長官に任命している。

 デニスは1979年に、35歳以下の公務員に与えられる賞の中では国内最高のトマス・ジェファーソン・メダルを授与された。またシエラ・クラブからは、環境問題に生涯を捧げた人に対する最高の名誉であるジョン・ムア賞を受賞している。

 デニスはさらに、国立石油評議会、ストックホルムの国連環境会議派遣の国務長官顧問、民主連邦委員会のエネルギー・環境分科委員会など数多くの組織の理事会に属して活躍している。

 加えて最近彼は、スタンフォード大学で客員教授として教鞭をとっている。同大学はかつてデニスが評議会および学生会の会長として活躍したところであり、彼はここで法学士の称号を取得した。

 また1989年2月には、アースデイ1990協議会の先頭に立つために、カリフォルニアのクーリー・ゴドワーズ・カストロ・ハドルソン・テイタム法律会社から休暇をとっている。


アースデイ1990「地球市民の誕生」アースデイ◎1990←→2000◎日本・東京連絡所 発行


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 1712, today: 2, yesterday: 0
Last-modified: Tue, 21 Feb 2017 17:52:23 JST (238d)
アースデイJP ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

アースデイ(地球の日)は4月22日、毎年Earth Dayの期間には世界各地で持続可能な社会を表現する、自由なイベントやアクションが行われています。
アースデイJPでは、多様なコミュニティーが開催する、日本各地のアースデイー情報を発信しています。

translation korean chinese english