Top / Earth Day 2004 / 南アメリカ


南アメリカ

ブラジル

カチャプレゴスのエスコラ・フェリスベルト・ブラス・デ・アルメディアから36人の子供たちを招き、『カント・エコロジコのハッピー・イタパリカ・アイランド』という、楽しくてためになるイベントを行いました。このイベントでは、まずカント・エコロジコのディレクター数名と小学校教諭2名が協力し、「いま地球で何が起きているのか」について子供たちに話しました。次に子供たちと一緒に海岸に行き、皆でその日の海の宝探しをしました。しかしながら見つかったのは、海草類や藻のほかに、プラスチックのコップ、靴、ボトル、その他人間の排泄物やゴミなどで、カント・エコロジコのアースデイ・スローガンである「魚たちが食べられるものだけ海に残そう」とは相反するものでした。このイベントのあと、子供たちは毎週金曜日に海岸へ行き、大好きな海を守るためのクリーンアップ活動を始めました。カント・エコロジコの詳細およびイベントについては、cantoecologico@hotmail.comまでご連絡ください。

翻訳:斎藤節子?

ヴェネズエラ

環境保護団体のバイタリスが2004年のアースデイを記念して「Water For Life キャンペーン」と「環境効率を考えるプログラム(企業チャレンジ)」の二つのプロジェクトを開始し、EDNのプログラム推進部長であるエリック・コッペンガー氏の協力を得てメディアを通して大規模な展開を行いました。首都カラカスで開催されたバイタリス主催のメインイベントである「ヴェネズエラ - 地球への債務とは?」と題した会議には200名を超える関係者が参加しました。また、地域専門家、政府官僚、バイタリスのスタッフらがメトロポリタナ大学に集まり、我が国が合意した国際協定の現状評価およびその進捗状況をまとめました。マラカイボ市では約150人の学生、50人の地域社会活動家、そして地方公務員たちを前に、飲用水保護のために実際に行動することの大切さをスピーチしました。ヴェネズエラにおけるバイタリスの活動詳細については、
http://www.panodi.com/03miercoles/fvi.html およびhttp://www.eluniversal.com/2004/04/22/ten1.shtml をご覧ください。なお、バイタリスの組織全体に関する情報やプログラムについては、http://www.vitalis.net/deimportanciavital.htm および http://www.vitalis.net/galeria8.htm および http://www.vitalis.net/forotierra.htm に詳細が掲載されています。

翻訳:斎藤節子?


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 1233, today: 1, yesterday: 1
Last-modified: Tue, 21 Feb 2017 17:52:21 JST (295d)
アースデイJP ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

アースデイ(地球の日)は4月22日、毎年Earth Dayの期間には世界各地で持続可能な社会を表現する、自由なイベントやアクションが行われています。
アースデイJPでは、多様なコミュニティーが開催する、日本各地のアースデイー情報を発信しています。

translation korean chinese english