Top / Earth Day Organizers Guide / 011 Working with the Media


メディアとの協働

メッセージをメディアに掲載する

There are two ways to get press coverage for your message, organization or Earth Day event: paid media (advertisements that you purchase for television, radio, newspapers or magazines) and earned media (publicity that you do not pay for, such as newspaper articles and television stories). This section deals exclusively with earned media.

Earned media is one of the most effective ways of raising public awareness about your project, campaign, or event. Unlike paid advertising, this type of publicity is also something that any organizer can generate, no matter how limited your budget is. All it takes is consistency, savvy and hard work.

Most media outlets get much more information than they can possibly use. It is important to present your information in concise, interesting, well-organized, and visually appealing ways, with a consistent, easy-to-recognize style.

Most important, establish personal relationships with members of your local media. Find a spokesperson who brings good, established media relations to your team?or at a minimum, a good "people person" who is knowledgeable about your issue and message and can communicate effectively with reporters and members of the public.

あなたのメッセージや組織、アースデイのイベントをメディアに掲載する場合、有料メディアと無料メディアの2つの方法があります。有料メディアとは、テレビやラジオ、新聞や雑誌に広告料を支払って掲載する広告のことで、広告料の支払が発生しない新聞記事やテレビ番組などによる広報活動が無料メディアにあたります。このセクションでは、無料メディアのみを取り上げます。

無料メディアは、あなたのプロジェクトやキャンペーン、アースデイ・イベントに人々の関心を集めるために最も効果的な方法の1つです。有料広告と違って、この種類の広報活動は、いかに予算が限られているとしても、すべての主催者が実施できるものでもあります。必要となるのは、一貫性と、知識に富んだハードワークのみです。ほとんどのメディアは、実際に報道する以上に多くの情報をもっています。重要なのは、あなたの情報を正確に、興味を引くように、秩序立てて、そして見た目にも魅力的に、一貫したわかりやすい形で表現することです。

もっとも重要なのは、地元報道機関との人脈を築くことです。良質で定評のあるメディアとの窓口となるスポークスパーソンを見つけましょう。もしくは、最低限、あなたの主張やメッセージをよく理解し、記者や一般市民と効果的なコミュニケーションをとることのできる"人気者"を見つけましょう。

メッセージ

What is the one thing you want people to know about your organization, issue or event? It could be the theme of your event. Perhaps it is one fact that beautifully illustrates the importance of your issue. Maybe it is your connection with the clean energy issue. Whatever it is, that one thing you want people to know and remember about you is your "message" and should be included in every press release, every quote to a reporter, every piece of material you produce?just like your logo. Repetition is the key?a person needs to hear your message 7-10 times before it starts to stick.

Think of the limited opportunities you will have to communicate with the general public through newspaper and television stories, letters to the editor, editorials, your promotional materials and, in some cases, paid advertising. It is a true communications challenge to reach people frequently and consistently enough that they remember your message. The solution is to craft a message that resonates with people when they hear it, then repeat it at absolutely every opportunity. At the point that you think you can’t bear to repeat your message one more time, people are just beginning to hear it.

あなたの組織や主張、イベントについて、人々に知ってもらいたいことを1つ挙げるとしたら、それは何ですか? それはあなたのアースデイ・イベントのテーマかもしれません。おそらく、あなたの主張の重要性を明確に示すものでしょう。クリーンエネルギーに関するあなたの主張につながるものかもしれません。それが何であっても、あなたが人々に知ってもらい、覚えてほしいものは、あなたの「メッセージ」です。そしてメッセージとはロゴマークのようなもので、毎回のプレスリリース、レポーターによる引用、あなたがつくり出すすべてのものに含まれなくてはいけません。繰り返しは重要です。人々の心にあなたのメッセージがしっかり届くためには、それを7回から10回は聞く必要があります。

新聞やテレビ、投書、記事、宣伝材料、そして時には有料メディアを通じて、あなたが一般の人々とコミュニケートできる機会は限られているのだと考えましょう。メッセージを覚えてもらえるまで、頻繁に、何度でも人々に働きかけることが本当のコミュニケーションです。そのためには、人々の心に響くようなメッセージをつくりあげ、そしてあらゆる機会においてそのメッセージを繰り返し伝えることが肝心です。あなたがもうこれ以上メッセージを繰り返せないと思う時になって初めて、人々の耳に届くようになるのです。

メディア向けの配布物

メディア向け資料(基本事項)

Materials you prepare for the media can come in many forms. Below are some of the most common and effective ways to inform the press about your activities. Follow these simple steps for an effective media campaign.

メディア向けに用意する資料にはいろいろなものがあります。以下に、あなたの活動について報道機関に知ってもらうための最も一般的で効果のある方法を示します。これらのシンプルなステップによって、効果的なメディアキャンペーンを展開しましょう。

メディア・アドバイザリー

An advisory is generally used to alert the media that some sort of event will be taking place. It is a straightforward communication that goes to media in advance of the event and answers general questions: when and where the event will be held, what will happen, and who is involved.

一般に、アドバイザリーとはある種のイベントが行われることを報道機関に知らせるためのものです。イベントに先がけて報道機関向けに発せられるストレートなコミュニケーションで、そのイベントがいつ、どこで開催されるのか、何が行われるのか、誰が参加しているのかといった一般的な質問に答えるものです。

A media advisory should:

メディア・アドバイザリーを作成する際の注意点は以下のとおりです。

Be on your organization’s letterhead

あなたの組織のレターヘッドを用いること。

Include a contact name and phone number

担当者の氏名と電話番号を記載すること。

Be no more than one side of a page

片面1ページ以内に収めること。

Include a general description of the event, followed by logistical information

まずイベントに関する一般的事項を書き、開催要項も記載すること。

Conclude with a "boilerplate" description of your organization for context (boilerplate consists of one or two sentences that reporters can use to describe your organization)

あなたの組織を表わす「決まり文句」で締めくくること。(決まり文句とは、記者があなたの組織を説明する際に用いることのできる1、2文からなる表現のことです)

Have "-30-" or "###" at the bottom to signify the end of the advisory.

用紙最下部に終わりを表わす"-30-"あるいは"###"を記載すること。 <訳者注:日本語の場合は「以上」と記載すること>

プレスリリース

A press release is used as an announcement (but not to convey logistical details for an event?see “media advisory,” above) or as a means to convey your point of view. It is used to give the media information you think they might find interesting or newsworthy.

プレスリリースは、告知のため、あるいはあなたの考えを伝える手段として用いられます(ただし、詳しい開催要項を告知するものではありません。前項"media advisory"を参照してください)。プレスリリースには、報道機関の興味をひくような、ニュースとして価値があると判断できるような情報を記載します。

Press releases should:

プレスリリースに関する注意点は以下のとおりです。

Be on your organization’s letterhead

あなたの組織のレターヘッドを用いること。

Include a contact name and phone number

担当者の氏名と電話番号を記載すること。

Be no more than two sides of a page (short is best!)

両面1ページ以内に収めること(短いものがベストです)。

Alternate paragraphs that give factual context with short, pithy quotes from interesting spokespeople that deliver your message and point of view

事実に基づく記述と、人々の興味をそそるようなスポークスパーソンの言葉から引用したあなたのメッセージや考えを伝える短く含蓄のある表現を交えること。

Conclude with a boilerplate description of your organization for context

あなたの組織を表わす「決まり文句」で締めくくること。

Have "-30-" or "###" at the bottom to signify the end of the advisory.

用紙最下部に終わりを表わす"-30-"あるいは"###"を記載しましょう。 <訳者注:日本語の場合は「以上」と記載すること>

メディア対策を考える

リスト

Compile a media list, or obtain a current one from one of your partner organizations. If you find yourself compiling the list yourself, check your local library?it will often have lists of local media you can copy. Then call each outlet to find out which reporter is most likely to cover your issue or event. Your media directory should contain:

報道機関リストを作成しましょう。もしくは、パートナー組織から最新版を手に入れましょう。もし自分自身でリストを作成するなら、まず図書館に行ってみましょう。多くの図書館は地元報道機関のリストを所蔵しており、コピーをとることも可能です。そして、各社に電話をかけ、あなたの意見やイベントを記事にしてくれそうな記者を見つけましょう。報道機関リストに必要な項目は以下のとおりです。

Media outlets in your region, including the content and style of programs, columns, etc., and their deadlines

報道機関の地域窓口、番組やコラムなどの内容および形式、締切

An up-to-date list of reporters and editors and how to contact them by phone, fax, and email.

記者や編集者の最新リストと連絡方法(電話、ファックス、電子メール)

Be sure to keep your media file current. Contacts may change as often as every two to three months.

リストには常に最新情報を記載しましょう。連絡先はしばしば、約2、3カ月ごとに変わります。

関係を築く

Get to know your local media. Once you establish which reporters cover the environment and/or community events, introduce yourself with a phone call or a get-to-know-you meeting.
Be prepared?assemble a press kit of important background materials. Your press kit could include a calendar of events, a press release about your event or projects, any press clippings you might already have, fact sheets from your group, or information from Earth Day Network
on Earth Day’s history and mission, the Clean Energy campaign and web address:

http://www.earthday.net

Keep your materials consistent, professional and short! Remember to include your key message on all materials, along with your logo and/or Earth Day Network’s logo. Reporters may use any or all of the content you provide them when they write their stories.

Check your materials with a critical eye?do they accurately reflect your mission and message? Is your message likely to resonate with people who will read the reporter’s story? Will your materials and message excite people and get them involved?

Don’t ever think that time with a reporter is wasted, even if s/he doesn’t write a story right away. When you establish relationships with reporters, you are investing in their future coverage of your issue or event. The more informed a reporter is, the more accurate the story s/he eventually writes will be.

If you are respectful of a reporter’s time and interests, and if you provide valuable, relevant information, you are establishing yourself as a source for that reporter?and good sources are hard to find.

地元報道機関についてよく知りましょう。環境問題や地域イベントを担当する記者がわかったら、電話で、あるいは直接会って自己紹介をしましょう。重要な参考資料を揃えたプレスキットを用意しましょう。プレスキットに含まれるものとしては、イベントカレンダー、イベントやプロジェクトについてのプレスリリース、これまでにメディアで取り上げられていればその切り抜き、あなたのグループに関するデータ集、アースデイの歴史やその使命に関するアースデイ・ネットワークの情報や、クリーンエネルギー・キャンペーンについての情報、そしてアースデイ・ネットワークのウェブサイトのURL(http://www.earthday.net)などが挙げられます。

各資料には一貫性をもたせ、そしてプロとしてふさわしい、簡潔なものにしましょう。すべての資料に、あなたのロゴマークもしくはアースデイ・ネットワークのロゴマーク、あるいはその両方とともに、一番伝えたいメッセージを必ず記載しましょう。記者が記事を書く場合、あなたが配布した資料を引用するかもしれません。

あなたの資料を批判的にチェックしましょう。それらの資料は、あなたの使命やメッセージを正確に伝えていますか? 記者が記事にした場合、読んだ人の心にメッセージは届きますか? あなたの資料やメッセージは、読んだ人の興味をひき、自分も参加したいと思わせることができますか?

記者がすぐに記事を書かないからといって、彼らのために費やした時間が無駄だったと考えてはいけません。記者との関係を築くことは、あなたの意見やイベントが将来メディアに掲載されるための投資なのです。記者が多くの情報を得るほど、彼らが書く記事は正確なものになります。

記者の時間と興味の対象に敬意を示し、そして価値があり適切な情報を彼らに伝えれば、その記者はあなたをニュース題材として見てくれるようになります。良い題材とはなかなか出会えないものです。

情報の流れを保つ

Once you have made contact with members of your local media, make it a priority to maintain a positive working relationship. Here are some suggestions for ongoing communications with your media contacts:

地元報道機関とつながりができた後は、良い協同関係を保つことが大切です。メディアとのコミュニケーションを深めるため、いくつかのアドバイスがあります。

Be as helpful and accessible as possible.

できるだけ協力し、そしていつでも連絡がとれるようにしておきましょう。

Provide background information when a relevant news story breaks.

適切な新情報があれば、参考資料を渡しましょう。

Participate in editorial board meetings or community meetings, especially when members of the media are expected to be there.

編集役員会議や、報道関係者の出席が見込まれる地域集会に参加しましょう。

Conduct background briefings for reporters, especially when you are about to make an announcement or hold an event.

何かを告知する時やイベントを開催する場合、記者のための参考資料を準備しましょう。

Send along interesting materials or articles you come across, but ONLY if you know the material is relevant to what the reporter is interested in. Include a personal note. NEVER inundate reporters with information they don’t want or have no use for.

興味深い資料や文献を見つけたら送りましょう。ただし、記者が興味をもつと思われる場合に限ります。直筆のメモを添えましょう。必要以上の、もしくは役に立たない情報を送ってはいけません。

Don’t hesitate to follow up with a phone call to reporters to make sure they received any materials that you faxed, emailed or mailed to them. This gives you another opportunity to talk with them and answer any questions they may have. But be respectful of their 22:46:41 reporters work on deadline, and often they will not have time to talk.

ファックスや電子メール、郵便で資料を送った後、届いているか必ず電話で確認しましょう。そうすれば、記者と話をしたり、資料に対する質問に答えることもできます。ただし、記者の仕事には締切があり、話をする時間がとれない場合も多いことを考慮しましょう。

イベントが記事になるまでの流れ

1) Make sure your media list is in order. Hopefully you have established relationships with reporters who are likely to cover your event. Remember that often reporters are assigned to stories only a day or a few hours in advance, so be prepared to meet some new reporters at your event.

(1)報道機関リストを整理しましょう。望ましいのは、あなたのイベントを取り上げてくれそうな記者と、もともと付き合いがあることです。記者が仕事を割り当てられるのは、イベントの1日あるいは数時間前という場合も多いことを忘れてはいけません。イベント当日に初対面の記者が来ることも想定しておきましょう。

2) Try to get some advance coverage for your event. Talk to reporters you know and ask them if their outlet might consider doing a story before the actual event. Think of good angles that might interest readers, listeners or viewers. Is there a good human interest story? Someone interesting who has volunteered at your event for the past 25 years? Feature stories are a good bet for advance media, because the event itself is not "news" until it actually happens. You might also get some advance publicity if there are public service reasons to have the event announced by the media beforehand (for example, if the streets in a part of town are going to be closed for your street fair).

It is never too early to start talking about your event to reporters. Get them thinking about what a great story it is going to be. Remember, they spend their days talking to other people?pretty soon the word will be all around town.

(2)イベント開催前にメディアに取り上げてもらえるようにしましょう。知り合いの記者と話をして、その報道機関が開催日に先がけて記事やニュースにする予定があるかどうかを確認しましょう。読者や視聴者の興味をひきそうな効果的な切り口を考えましょう。人間味のある面白いエピソードはありますか? 過去25年間にあなたのイベントにボランティアとして参加したなかで、人々の関心を集めそうな人はいますか? イベントというものは実際に開催されるまでは「ニュース」にはならないので、呼び物的なエピソードがあれば、開催前にメディアが取り上げてくれる可能性が高くなります。路上フェアのため道路を封鎖するなど、公的サービスが関係する事項を人々に知らせる必要がある場合は、事前に報道されるはずです。

イベントについて記者に話をするのに、早すぎるということはありません。記者たちが、そのイベントがどのような良い記事になるのかを考えられるようにしましょう。記者は人々と話をすることが仕事であり、その言葉はすぐに街じゅうに広まるということを忘れてはいけません。

3) Craft your media advisory (see above for details, and appendix for an example). Your media advisory should go to all local calendar editors one month in advance of your event. Call to follow up and make sure they received it. Some will ask you to resend it when you are closer to the day of the event? make a note and resend when appropriate.

Send your advisory out to all local media outlets at least one month in advance of the event, and then again one week before the event. The advisory should go to reporters you have relationships with, reporters who usually cover the environment or events, and to a general assignment editor at each media outlet (you don’t need the specific name of the editor; it will change frequently).

Don’t forget to send to the local bureaus of the wire services (like AP, UPI and Reuters)?they will put it in their list of daily events, where any reporter or editor can access it.

Remember that many television and radio stations will not assign a reporter until the day before the event. Again, call to follow up and verify that the appropriate people have received the advisory. Be prepared to refax.

(3)メディア・アドバイザリーを用意しましょう(詳細については前述部分を参照のこと。参考例はAppendixを参照してください)。メディア・アドバイザリーは、開催1カ月前に地元報道機関のイベント担当編集者に届くようにしましょう。届いたかどうかを電話で確認しましょう。イベント開催が近づくと、再送を希望する記者もいるかもしれません。必要に応じて、メモをつけて再送しましょう。

メディア・アドバイザリーはイベント開催日の遅くとも1カ月前に地元報道機関全社に送り、1週間前にももう一度送りましょう。送付先は、あなたと付き合いのある記者、環境問題あるいは各種イベントの担当記者、各社の記者割り振りを決める編集者です(正確な氏名を宛名に書く必要はありません。報道機関では頻繁に人事異動があります)。

AP通信、UPI通信、ロイター通信などの通信社の地域支局にも忘れずに送りましょう。そうすれば、あなたのイベントが各種イベント開催リストに加えられ、記者あるいは編集者が取材に行くことができます。テレビ局やラジオ局では、イベント前日になるまで記者の割り振りが決まらない場合が多いことを忘れてはいけません。メディア・アドバイザリーを送った相手が確かに受け取ったかどうかを電話で確認しましょう。ファックス再送信の準備も忘れずに。

4) Craft your press release (see above for details and Appendix for an example). It should include quotes by prominent local leaders, deliver the core message of your event, talk up the event, and say what it means for the community and the bigger picture. Intersperse the quotes with factual paragraphs estimating the attendance and giving other important contextual information about the event. Send the release out several days before the event. As always, call to follow up and be prepared to refax.

(4)プレスリリースを用意しましょう(詳細については前述部分を参照のこと。参考例はAppendixを参照してください)。プレスリリースには著名な地元指導者による引用や、イベントについて最も伝えたいメッセージを記載し、イベントについて説明し、地域社会やより大局的な問題にとってそのイベントがもつ意義を述べましょう。イベントに参加することにどれだけ価値があるのかを事実に基づいて説明し、またイベントに関するその他重要な情報を記載しましょう。プレスリリースはイベントの数日前には発送しましょう。いつものように、届いたかどうかを電話で確認し、ファックス再送信の準備もしましょう。

5) The day before the event and the morning of the event (if possible) call your local media outlets to see if they are planning on covering the event. Have your advisory and release handy to refax. Don’t be surprised if you end up talking with a general assignment editor you’ve never spoken with before. Make your pitch quickly, find out if they are planning on covering the event, and move on to your next call. At this point all you are doing is final verification of your press attendance?all your legwork previous to this call is what will get you the coverage you deserve.

(5)開催前日と、できれば当日朝にも地元報道機関に電話をし、イベントを取り上げるかどうか確認しましょう。すぐに再ファックスできるよう、メディア・アドバイザリーとプレスリリースを手元に用意しておきましょう。今まで話をしたことのなかった編集者が電話口に出ても驚いてはいけません。簡潔にイベントについて説明し、記事として取り上げる予定があるかを確認し、次に電話をかけましょう。ここであなたがすることは、あなたのイベントがどのくらいメディアに取り上げられるかを最終確認することです。この電話をかける前までのフットワークの良し悪しが、どのくらい多くのメディアに掲載されるかを決めるのです。

6) Have a media area at the event. Make sure it is clearly identified with signs, and that your advisory, release and follow up have all been explicit about where the media area will be. It is best to hold it right at the entrance to the event. Have press kits with information about the event ready for reporters. Make sure you collect a business card from all reporters or have them sign in so you can follow up with them later and make sure that they have all the information they need. It can also be very helpful to have articulate, informed volunteers ready to help reporters find exactly the information or spokespeople they are looking for.

Have your spokespeople prepared to talk to the media so that reporters can get their interviews as efficiently as possible. It is important to have a diverse group of spokespeople available and willing to talk to the press? local elected officials, business people, environmental activists, teachers, parents, youth, grandparents. They each have a unique view of why your event or issue is important to the community. Both the press coverage and your relationships with reporters will be enhanced by such thorough preparedness.

(6)イベント会場に報道関係者席を設置しましょう。わかりやすく表示を出しましょう。報道席がどこになるかはメディア・アドバイザリーやプレスリリースにも明記し、電話をかける際にも伝えましょう。イベントに関する情報を盛り込んだプレスキットを記者のために用意しましょう。後日連絡をとれるように、そして欲しい情報をすべて入手できたかを確認するために、全記者から名刺を受け取るか、もしくは署名してもらいましょう。記者が探している情報やスポークスパーソンを見つけられるよう、きちんとした知識のあるボランティアを配置しておくのも良いでしょう。

スポークスパーソンはいつでも報道関係者と話ができるよう準備をしておきましょう。そうすれば、記者は十分にインタビューを行うことができます。報道陣や地元選出の公職者、企業関係者、環境活動家、教師、親、若者、祖父母たちと話すことができるよう、さまざまなタイプのスポークスパーソンを準備させておくことが大切です。これらの人々は、あなたのイベントや意見がなぜその地域にとって大事なのか、それぞれの意見をもっています。このように十全に準備をすることで、メディアへの掲載数も増え、記者との人脈も広がるのです。

7) Follow up with reporters. Make sure that they got all the information and interviews they need. Your professionalism and attention to their needs will be greatly appreciated.

(7)記者たちのフォローアップをしましょう。彼らが必要な情報を入手でき、必要なインタビューをすべてできたかを確認しましょう。あなたがプロとしての姿勢で記者たちの必要としているものに気を配れば、大いに評価されるでしょう。

その他のコミュニケーション手段

編集委員会

Most newspapers have a board of writers that decide what positions the paper will take on a multitude of different issues. Editorial boards decide which local?and national?political candidates to endorse and whether or not to condemn the local coal-fired power plant for polluting the community. They might write editorials about Earth Day, the environment, or clean energy.

新聞社には大抵、記者による委員会が設置されており、さまざまな問題についてその新聞がどのような立場をとるかはその委員会で決定します。編集委員会は、地方選および国政選挙においてどの候補者を支持するか、また、その地域の環境を汚染している石炭火力発電所を糾弾するか否かを決めます。編集委員会は、アースデイや環境問題、クリーンエネルギーについて社説を書くこともあるでしょう。

公共サービス広告(PSAs)

The public service announcement (PSA) can be a great way to get your message out. Since PSAs are considered a service to the community and not an advertisement, many radio and television stations will run them free of charge.
PSAs provide clear, concise answers to the who, what, when, where, why and how of your event. There are generally four different lengths:

公共サービス広告(PSA)はあなたのメッセージを人々に伝えるのに非常に良い方法です。PSAは、広告ではなく地域に向けてのサービスとみなされるため、多くのラジオ局、テレビ局では無料で実施しています。PSAは、あなたのイベントに関する5W1H(誰が、何を、いつ、どこで、なぜ、どのように)を簡潔に正確に伝えます。一般に、PSAには4通りの放送時間があります。

10 seconds (25 words)

10秒間(25ワード)

20 seconds (50 words)

20秒間(50ワード)

30 seconds (75 words)

30秒間(75ワード)

60 seconds (150 words)

60秒間(150ワード)

If you provide all four versions, the station can decide which one(s) to use. Good PSAs will mention the name, theme and/or telephone number of your group or event twice, so listeners will be more likely to remember the information.

If you are planning to try to place PSAs with your local media, remember that you should get the announcement to a station’s Public Affairs Director at least two weeks?and preferably up to eight weeks?in advance. Whether or not you want to develop an extensive PSA strategy, keep your local media in mind?stations are often happy to include your event information on their "listener hotlines."

If you are interested in pursuing a PSA strategy with your local media, see appendix for samples of event-related PSAs.

4種類のPSA原稿を用意すれば、放送局側がどれを放送するか決めます。あなたのグループやイベントの名称、テーマおよび問合せ先の電話番号を2度繰り返すのが効果的です。そうすれば
、視聴者にその内容を覚えてもらえるでしょう。

地元放送局にPSAを依頼する場合、できればイベント開催の8週間前、遅くとも2週間前までに広報部門の責任者宛に申し込まなくてはいけません。PSAを利用しない場合でも、地元報道機関のことは心に留めておきましょう。放送局にとって自局の「リスナー・ホットライン」にイベント情報を載せることは歓迎すべきことです。

地元放送局でのPSAを検討する際は、Appendixにイベント関連PSAの例を掲載してありますので参照してください。

投書

Letters to the editor are a public forum that calls attention to your organization both before and after your event. Contact your local newspaper(s) to find out length restrictions, and where to send letters. All letters to the editor must be signed and include an address and daytime telephone number. Encourage volunteers and community leaders to write letters that touch on Earth Day, the environment, your community’s environmental challenges, and/or clean energy themes.

投書は、イベント開催前後にあなたの組織について人々の関心を集めるための公開討論の場といえます。地元新聞社に連絡をとり、投書の字数規定と送付先を調べましょう。投書には署名のうえ、住所および日中に連絡のとれる電話番号を明記しましょう。ボランティアや地域の指導者にアースデイや環境問題、あなたの地域での環境保全活動、クリーンエネルギーについての投書を書いてもらいましょう。

イベントカレンダー

Many media outlets provide a calendar of events that are likely to be of interest to their readers. When you contact your local calendar editor to find out when they prefer to receive information about your event, direct them to the calendar feature of the Earth Day Network website (http://www.earthday.net) as an easy way to access local Earth Day information. If your local area does not have a lot of events listed, consider compiling the events yourself as a service to the calendar editors.

Be sure to enter the information into the Earth Day Network calendar, so people in your area can find you when they check our website for events in your area!

多くの報道機関では、読者の興味を引きそうなイベントの開催日程を記載したカレンダーを提供しています。地元報道機関のイベント担当編集者に連絡をとり、イベント開催情報をカレンダーに記載したい場合はいつまでに知らせればよいかを確認しましょう。開催情報を知らせる場合は、その編集者にアースデイ・ネットワークのウエブサイト(http://www.earthday.net)に出ているイベント開催予定を見てもらいましょう。そうすれば彼らはその地域で行われるアースデイ・イベント情報を入手できます。もしあなたの地域ではそれほど多くのイベントがないなら、あなたがそれらのイベント情報をとりまとめて担当編集者に連絡しましょう。

イベント情報はアースデイ・ネットワークのカレンダーに忘れずに掲載しましょう。そうすれば、あなたの地域の人々がアースデイ・ネットワークのウェブサイトを見て、あなたのイベントについても情報を入手できます。

おわりに

Congratulations! As an Earth Day Organizer, you are working along with millions of people around the world to ensure that we pass on a liveable world to our children and to future generations.

The concept of "Clean Energy" doesn’t just apply to the energy we use to heat our homes and power our industrial plants and automobiles. It also applies to the way we use our hearts and minds.

We are putting our positive energy into a new way of thinking and organizing? reaching out beyond what is probable and familiar and pushing ourselves to the exciting precipice of what is possible and unknown.

We are committing ourselves to a fundamental shift in the way we consider our relations to the environment and to each other. We are choosing to act rather than react; invite rather than direct; and collaborate rather than compete.

By participating in Earth Day, we enrich each other while working together to heal our Earth.

おめでとうございます! アースデイ・オーガナイザーとして、あなたは今、住みよい世界を子供たち、そしてさらに未来の世代に手渡すために、世界中の何百万もの人々と力を合わせています。

「クリーンエネルギー」とは、暖房設備や工場、自動車を動かすためのエネルギーのみを表す考え方ではありません。クリーンエネルギーとは、私たちが心や頭をどう使うかということにも関わることなのです。

私たちはクリーンエネルギーによって考え方や行動を一新し、ありうるものやすでに知っているものを越え、成し遂げられるもの、いまだ知らないものに溢れた素晴らしい世界へと向かっていきます。私たちは環境との関係や人間同士の関係の考え方を根本から変えていきます。私たちは反応するのではなく自ら行動をし、指示するのではなく誘い、競争するのではなく協業するので
す。

アースデイに参加することで、私たちは地球を救い、そしてともに高めあうことができるのです。

★翻訳:坂上


Earth Day Network is a worldwide clearinghouse for thousands of actions, campaigns, and events that rally people in support of environmental protection. Part of Earth Day Network’s mission is to build a lasting network that mobilizes for positive environmental change.

Earth Day Network

811 First Avenue, Suite 454

Seattle, Washington 98104 USA

Tel:1-206-876-2000

Fax:1-206-876-2015

Email:earthday@earthday.net

Web:http://www.earthday.net


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 1629, today: 2, yesterday: 1
Last-modified: Tue, 21 Feb 2017 17:52:21 JST (238d)
アースデイJP ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

アースデイ(地球の日)は4月22日、毎年Earth Dayの期間には世界各地で持続可能な社会を表現する、自由なイベントやアクションが行われています。
アースデイJPでは、多様なコミュニティーが開催する、日本各地のアースデイー情報を発信しています。

translation korean chinese english