Top / Gaylord Nelson / インターカウンティ・リーダー


インターカウンティ・リーダー(ウィスコンシン州北西部版)

ゲイロード・ネルソン氏 89歳 死去 = アースデイ創設者

by ゲイリー・キング (2005年7月5日)

環境保護の活動で「地球の声」の異名を取ったポーク郡出身のゲイロード氏逝く

(ウィスコンシン州クリアレイク)

元ウィスコンシン州知事・元米上院議員のゲイロード・ネルソン氏が去る7月3日(日)にメリーランド州の自宅で死去。89歳だった。生前、ネルソン氏は環境問題に取り組み、アースデイの創始者としても知られる。

ネルソン氏の本当の家は生まれ育ったウィスコンシン州クリアレイクにあり、議員時代後半において、ウィスコンシン州北西部の美しい自然を環境保護運動の一因として取り上げることも多かった。

ネルソン氏は先ごろ新聞のインタビューの中で、「クリアレイクという、三つの小さな水域に囲まれた酪農場が広がる故郷が、おそらく私の環境保護運動に大きな影響を与えたのであろう」と述べている。

「我が故郷の湖の周りだけを挙げても取り組むべき環境問題は十分にあり、『母なる自然』の業に心を突き動かされずにはいられなかった」とネルソン氏はコラムニストのジョン・ニコルズに語っている。

ネルソン氏は上院議員の任期中に他のメンバーと共同で、1970年に公立学校でアースデイ・ティーチインを開催する案を提出した。後にネルソン氏は、アースデイ運動について、その成功の秘訣はティーチインなどを通して広く一般の人々に環境保護の重要性を訴えることができたところにある、と言っている。

ジム・ドイル現ウィスコンシン州知事は、「ゲイロード・ネルソン氏は類まれな素晴らしい知事、上院議員、そして『アースデイ』の創設者であった」「しかし、それ以上に人間として尊敬すべき偉大な人物である。ネルソン氏は謙虚でユーモアに溢れ、クリアレイクにルーツがあることを誇りとし、政治家になっても権力や地位によって変わることなどは全くなかった」と語った。

また、元州議会議員でエーメリー市長のハーベイ・ストワー氏は、「ポーク郡と北ウィスコンシンは、ゲイロード・ネルソン氏の偉業を称え、心から誇りとすべきである」「世紀の変わり目に1990年代、いや1848年のウィスコンシン州独立まで遡って振り返ってみたとき、アメリカや世界に影響を与えた人物でウィスコンシン州出身の偉人と言えばロバート・ラフォレットが挙げられてきたが、ゲイロード・ネルソン氏はラフォレットに肩を並べる偉大な人物である」と述べている。

ストワー氏が初めてネルソン氏と交流を持ったのは40年以上も前のことである。当時ウィスコンシン州知事であったネルソン氏に、学校での歴史学習プロジェクトについてインタビューしたのが最初であった。そのインタビュー後、ネルソン氏はウィスコンシン州の美しい自然を守ることの大切さをしたためたフォローアップ・レターをストワー氏に宛てて送ったと言う。これは、アースデイを創設するだいぶ前の出来事であった。

また、ストワー氏は、ネルソン氏は人々の心を掴み、ニーズに応える能力を備えた人物であったと賛辞を呈している。「常に他者を思いやる心を持った両親にきちんとしつけられたことがゲイロード氏の生き方に反映されている」「ゲイロード氏はこのような環境の中で育った。彼の価値観を取り入れた法律が導入されたことはアメリカ合衆国にとって幸運なことである」。

さらにストワー氏によれば、ネルソン氏は偉大な立法者であっただけではなく、卓越した語り手であったという。

「ネルソン氏は私が知る中で一番魅力的なストーリーテラーだった。クリアレイクの故郷に戻って旧友とくつろいでソファに座りながら思い出を語ったり、彼の家で夕食会を主催して人を招いたりした時は、真夜中の二時近くまで話が続いたものだった。彼の語りはウィットに富んでいて、見事なストーリーテリングだった」。

ネルソン氏は1948年にウィスコンシン州議員に初当選。その10年後には州知事に選ばれている。1962年にアメリカ合衆国上院議員となり、当時『自然保護』と呼ばれた政治的優先事項に積極的に取り組んだ。環境問題を国家の議題として立案し、当時のジョン・F・ケネディ大統領がアシュランドやアポッスル島を含むアメリカ全土にわたる『自然保護視察』を開始するための計画を立てた。

ネルソン氏は、ケネディ大統領が平和部隊プロジェクトと同様に自然保護運動にも着手することを期待したが、大統領暗殺により自然保護ムーブメント確立の希望も断たれてしまった。

「私は環境問題を政治の主流に突きつけることができるようなアイディアをあきらめずに考え続けました。」そして、1969年にカリフォルニアでの反戦ティーチインのスピーカーとして招かれ、カリフォルニア州立大学バークレー校に向かう飛行機の中でティーチインに関する記事を読んでいたその時に、「突然、妙案が浮かんだのですよ。『環境についてのティーチインを全国規模で行ったらいいんじゃないか』ってね。これが、アースデイの原点でした。」とネルソン氏はコラムニストのジョン・ニコラスに語っている。

ネルソン氏は水質清浄法(Clean Water Act)や合衆国の他の主要な法律の起草者である。
ネルソン氏はセント・クロア川流域やアポッスル島における環境保護を始めとして、ウィスコンシン州でも多くの政治的成功を収めている。彼の支援なしでは、今のようにこの地域の自然を守れていたかは疑問でもっと困難であっただろう、と歴史家は言う。

2年前、ネルソン氏はアポッスル島を原生自然保全地域として指定するように強く訴えた。そして、アポッスル島は稀有で独自の自然が生息する地域であり、そのままの自然状態を保つ必要がある、と主張した。

今年の夏の終わり頃までには、アポッスル島の多くがゲイロード・ネルソン原生自然環境保全地域と改名される予定である。

ネルソン氏は2年ほど前にセント・クロワにて開催されたポーク郡150年祭において、過去150年におけるポーク郡民栄誉賞を贈られている。

ネルソン氏は妻のキャリー・リー夫人と三人の子供を残して他界した。

ストワー氏によれば、夫人は素晴らしい女性で、トム・ブロカウ著の『The Greatest Generation (最も偉大な世代の人々)』という本の中でネルソン氏とともに紹介されている。二人は兵役中に出会い、当時ネルソン氏は司令官として、キャリー夫人は従軍看護士として働いていた。

一般者向けのネルソン氏の追悼式は、クレアレイクでの親族内での告別式後の来週水曜日にマディソンのキャピタル・ロタンダにて行われる予定。

(ゲイリー・キング = ウィスコンシン公営ラジオ / ジョン・ニコルズ = コラムニスト)

★翻訳:斎藤節子


INTER-COUNTRY Leader -Serving Northwest Wisconsin-

Gaylord Nelson, founder of Earth Day, dies at 89

Gary King 06.JUL.05

Polk County native was dubbed “Voice of the earth” for his work to protect the environment

CLEAR LAKE - Former Wisconsin Senator and Governor Gaylord Nelson, whose caring for the environment led to the founding of Earth Day, died Sunday, July 3, at his home in Maryland. He was 89 years old.

Nelson’s true home was Clear Lake, Wisconsin, where he was born and raised, the northwest Wisconsin outdoors likely playing a role in his fight for a clean environment years later during his public life as a legislator.

Nelson gave Clear Lake its due in a newspaper interview recently saying the dairy farms surrounded by three small bodies of water probably did have an impact on his environmental movement.

“There was enough going on around those lakes to keep us busy and stroke our interest in the works of Mother Nature,” he told columnist John Nichols.

While a U.S. Senator he and others came up with the idea of having public schools hold an Earth Day teach-in in 1970. The Earth Day movement, Nelson said years later, was a success in that it raised awareness among the public about the importance of protecting the environment.

“Gaylord Nelson was an extraordinary Governor and U.S. Senator, and the founder of ‘Earth Day,’” said Governor Jim Doyle. “But more than anything, he was a great man. He was just an incredible person: humble, funny, proud of his roots in Clear Lake and never changed by the power and pomp of the offices that he held.”

“I think Polk County and northern Wisconsin should be awfully proud of the legacy left by Gaylord Nelson,” said Harvey Stower, former state legislator and mayor of Amery.

“At the turn of the century when everyone was looking back at the 1900s - even from Wisconsin’s statehood (1848) the concensus is that Robert LaFollette was a Wisconsinite who had an impact on America and the world but that Gaylord Nelson is right there with him.”

Stower, who first came in contact with Nelson more than 40 years ago when he interviewed then-governor Nelson for a school history project, said Nelson sent him a followup letter in which he spoke about the importance of protecting the beauty of the state. That was well prior to the creation of Earth Day.

Stower said he also admires the ability Nelson had to empathize with people and to understand their needs.

“It reflected his wonderful upbringing by parents who always cared for others,” Stower said. “Gaylord just grew up with that and the United States of America was fortunate to have him take those values and make them into law.”

Besides being a great legislator, Stower said, Nelson was a great storyteller.

“He was one of the more engaging storytellers I’ve ever known,” he said. “Whether he would be just sitting around back home and reminiscing with old Clear Lake friends or hosting a dinner party at his home, his storytelling could last until 2 a.m. – and he was good at it. He had a wonderful wit.”

Nelson won a state senate seat in 1948 and was elected governor 10 years later. He was elected to the U.S. Senate in 1962 and worked hard to make what was then called “conservation” a political priority. He set out to put environmental issues on the nation’s agenda and arranged for President John Kennedy to undertake a nationwide “conservation tour,” which included a visit to Ashland and a flyover of the Apostle Islands.

Nelson was hoping Kennedy would initiate a conservation movement similar to that of the Peace Corps program, but the movement failed to take hold before Kennedy was assassinated.

“I continued to hope for some idea that would thrust the environment into the political mainstream,” Nelson told columnist John Nichols. Invited to speak at anti-war teach-ins in California in 1969, Nelson was on an airplane headed for the University of California – Berkeley when he read an article on teach-ins. “It suddenly occurred to me – why not have a nationwide teach-in on the environment? That was the origin of Earth Day,” Nelson said.

Nelson was the author of the Clean Water Act and other major national environmental laws.

He had many political successes in Wisconsin, such as helping preserve the St., Croix River valley and the Apostle Islands. Without his help, historians say, it would have been much harder to protect these areas in the way they became protected.

Two years ago, Nelson urged that the Apostle Islands be given wilderness area protection. He says they were rare and unique and should be preserved in their natural state.

Later this summer, much of the Apostle Islands will be renamed the Gaylord Nelson Wilderness Area.

Nelson was honored a few years ago at the Polk County Sesquicentennial celebration at the fairgrounds in St. Croix Falls as the county’s native son of the past 150 years.

Nelson is survived by his wife, Carrie Lee and three children.

“She is a remarkable woman,” said Stower. “She and Gaylord were featured in a chapter of Tom Brokaw’s book ‘The Greatest Generation.’” The couple met while they were both in the service, he a commander and she an Army nurse.

A public memorial service will be held next Wednesday at the Capitol rotunda in Madison followed by a family service in Clear Lake.

Gary King with information from Wisconsin Public Radio and columnist John Nichols



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 1142, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: Tue, 21 Feb 2017 17:52:22 JST (180d)
アースデイJP ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

アースデイ(地球の日)は4月22日、毎年Earth Dayの期間には世界各地で持続可能な社会を表現する、自由なイベントやアクションが行われています。
アースデイJPでは、多様なコミュニティーが開催する、日本各地のアースデイー情報を発信しています。

translation korean chinese english