Top / Gaylord Nelson / サン・センチネル


Sun-Sentinel

1916-2005 ウイスコンシン州の元上院議員、アースデーの創始者

by マイケル・キリアン、Washington Bureau

トリビューン・ニュース・サービスによるレポート

投稿日:2005年7月4日

ワシントン発──ウイスコンシン州の元上院議員で、アースデーの創始者でもあり、20世紀を代表する環境活動家の一人であるゲイロード A. ネルソン氏が、メリーランド州ケンシントン市郊外の自宅で亡くなった。89歳であった。

遺族によると、死因は循環不全であったという。

1980年のロナルド・レーガン再選選挙に敗れた後、ネルソン氏が相談役を務めた、ウィルダネス協会編集主任のベン・ビーチ氏は、「偉大な市民、そして貴重な先導者を私たちは失った」と話した。

「私たちの空気、水、そして陸の質に関心を寄せる人は皆、ゲイロード・ネルソンの積み上げた人生に感謝するべきだ」とビーチ氏は続け、「アースデーは一つのアイディアが持つ力を立証した。単純でありながら説得力のあるこのアイディアは、真にこの世界をより良い場所に変えていった」と締めくくった。

1995年、クリントン前大統領は、「アースデーの父、そしてEnvironmental Protection Act、Clean Air Act、Safe Drinking Water Actなど、その出来事から生まれた全てのものの祖父である。更に彼は地方政府に、環境に配慮する基準を打ち立てた。」と、ネルソン氏の功績を称え、市民にとって最も名誉と言える「自由勲章」を贈った。

ネルソン氏はウィスコンシン州の地方医師と看護婦との間に生まれた。1942年、ウイスコンシン州立大学で法律の学位を取得してまもなく陸軍に志願。中佐として黒人部隊の指揮をとり、過酷な沖縄戦に出兵した。

1946年にウィスコンシン州マディソン市での弁護士業の開始を経て、1948年、1952年、1956年の三度に渡り、州の上院議員に当選し、最後の任期では民主党のフロアリーダーと成った。

1959年から1962年までウィスコンシンの州知事を務め、米国上院に3度選出されている。

初期のベトナム戦争の意義申立人であるネルソン氏は、DDTの廃絶や自動車の排気ガスに関する規制、世界規模の家族計画活動、そして海の保全活動にまでも及ぶネルソン氏の打ち出した徹底的な環境アジェンダは広く知られている。

「アメリカの国家資源を守るためには、総合的かつ全国的な計画を立てなければならない」、「広がり行く環境の危機から目を背けてはならない。私たちの土、水、そして大気の汚染は広がり続けている。私たちにとってかけがえのない樹木、湖、川、野生動物の生息地や美しい地形が破壊されている。」とネルソン氏は警鐘を鳴らし続けた。

1970年4月22日、全国の州知事や市長の指示を集め、国家の注意を環境問題に引きつける手段として、ネルソン氏は第一回目のアースデー開催を実現し、それから10年の間に23の主要な環境保護法が制定された。

「大変だ!国民はこんなに関心を寄せている!‥‥‥と政治家達に言わせるほど大規模なデモを起こしたかった。全てをアースデーが叶えてくれた。」と、ネルソン氏は話したという。

ネルソン氏は、この他にもアパラチア山道保全の連邦法案提出に協力している。

「彼は本当に素晴らしい人でした。謙虚で愉快で、自分のルーツに誇りをもっていて‥‥‥決して彼の権力や華やかさに、揺るがされる人間ではなかった」と、ウィスコンシン知事のジム・ドイルは、ネルソン氏との別れを惜しんだ。

ネルソン氏は1947年から連れ添って来た妻のキャリー・リー、二人の息子のゲイロード・ジュニアとジェフリー、そして4人の孫達を残して逝った。

葬儀の日程はは未定だが、マディソン市で追悼式が行われ、クリア・レイクに埋葬されるとのこと。

★翻訳:上岡陶子

Gaylord Nelson

1916-2005

Wisconsin ex-senator, Earth Day founder

By Michael Kilian, Washington Bureau. Tribune news services contributed to this report Posted July 4 2005

WASHINGTON -- Former Sen. Gaylord A. Nelson of Wisconsin, 89, founder of Earth Day and one of the nation's leading environmentalists of the 20th Century, died Sunday at his home in the Washington suburb of Kensington, Md.

According to his family, the cause of death was cardiovascular failure.

"The world has lost a great citizen and an uncommon leader," said Ben Beach, senior editor of the Wilderness Society, where Nelson served as counselor after being defeated for re-election in the Ronald Reagan landslide of 1980.

"Anyone who cares about the quality of our air, water and land should be grateful for the life of Gaylord Nelson," Beach said. "Earth Day proved the power of an idea. This simple but compelling idea truly made the world a better place."

In 1995, then-President Bill Clinton awarded Nelson the Medal of Freedom, the nation's highest civilian honor, saying: "As the father of Earth Day, he is the grandfather of all that grew out of that event--the Environmental Protection Act, the Clean Air Act, the Safe Drinking Water Act. He also set a standard for people in public service to care about the environment and to try to do something about it."

A native of Clear Lake, Wis., and the son of a country doctor and nurse, Nelson received his law degree from the University of Wisconsin in 1942. He immediately enlisted in the Army, where he served as a lieutenant in command of a unit of segregated black troops, and took part in the bloody Okinawa campaign.

After establishing a law practice in Madison, Wis., in 1946, he was elected to the state senate in 1948, 1952 and 1956, becoming Democratic floor leader in his last term.

He was governor of Wisconsin from 1959 to 1962, when he was elected to the U.S. Senate, serving three terms.

An early opponent of the Vietnam War, Nelson was known mostly for his sweeping environmental agenda, which ranged from eliminating DDT and regulating automobile pollution to worldwide family planning and oceans protection.

"We need a comprehensive and nationwide program to save the national resources of America," he said.

"We cannot be blind to the growing crisis of our environment. Our soil, our water and our air are becoming more polluted every day. Our most priceless national resources--trees, lakes, rivers, wildlife habitats, scenic landscapes--are being destroyed," Nelson said.

Enlisting the support of governors and mayors throughout the country, Nelson established the first Earth Day on April 22, 1970, as a means of drawing national attention to environmental concerns.

Within the next 10 years, 23 major environmental protection laws were enacted.

"I wanted a demonstration by so many people that politicians would say, `Holy cow, people care about this,' " Nelson once said. "That's just what Earth Day did."

He also sponsored legislation placing the Appalachian Trail under federal protection.

"He was just an incredible person: humble, funny, proud of his roots ... and never changed by the power and pomp of the offices that he held," Wisconsin Gov. Jim Doyle said Sunday.

Nelson is survived by his wife, Carrie Lee, whom he married in 1947; two sons, Gaylord Jr. and Jeffrey; a daughter, Tia; and four grandchildren.

Funeral arrangements were pending, but there will be a memorial service in Madison. Burial will be in Clear Lake.



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 1212, today: 1, yesterday: 1
Last-modified: Tue, 21 Feb 2017 17:52:22 JST (180d)
アースデイJP ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

アースデイ(地球の日)は4月22日、毎年Earth Dayの期間には世界各地で持続可能な社会を表現する、自由なイベントやアクションが行われています。
アースデイJPでは、多様なコミュニティーが開催する、日本各地のアースデイー情報を発信しています。

translation korean chinese english