Top / Gaylord Nelson / ニューヨーク・タイムズ


NewYork Times

http://www.nytimes.com/2005/07/04/politics/04nelson.html

Gaylord A. Nelson, Founder of Earth Day, Is Dead at 89

リポーター:キース・シュナイダー

2005年7月4日

ウィスコンシン州出身の元上院議員、ゲイロード A. ネルソン氏が、昨日ミッドランド州のケンシントン市で亡くなった。89歳だった。ネルソン氏は、アメリカの現代的環境保護活動の立役者の一人で、アースデーの設立者でもある。

ファミリースポークスマンのビル・クリストファーソンは、死因は、循環不全であったと国営通信に伝えている。

民主党員のネルソン氏は、ウィスコンシン州の知事も勤め、率直さと独立性で知られていた。彼は、国家のベトナム戦争の拡張介入を進めるための歳出予算(70億ドル)に反対の意を投票した唯一の上院議員の3人のうちの一人であった。

しかし、ネルソン氏は、初期の熱心な環境保護のリーダーとして連邦会議で最も名を上げていた。1963年3月25日、上院議会での初めてのスピーチで、彼は、国家問題として国内の空気や水の悪化状況を取り上げた。「アメリカの国内資源を保護するための理解力と国土全土に渡るプログラムが今の我々には必要である。土壌や水や空気は日に日に汚染され、我々の最も貴重な国の資源である木や湖や川や野生動物の生息地や眺めの美しい景観は破壊されつつある。」と訴えた。

その演説と、ネルソン氏の成功につながる個人的な努力──環境保護を優先事項として取り入れてくれるようジョン F. ケネディー大統領に働きかけていた──とが遂に実を結んだ。1963年9月、ケネディー大統領は、自然保護について語るために5日間に渡るツアー(計11州)を開始した。

大統領の配慮は、政治的関心を駆り立てた。1964年、ネルソン氏は、連邦政府所有地の数百エーカーを永久的に保護する原生地域制定法を後援する議員団体の一員となっていた。彼は、1968年、Wild and Scenic Rivers Act(原生、景観河川法:原生的な河川及び景観的に優れた河川に関する法律)を通過させるため、ジョンソン政権と共になって働いた。その法律によって保護された最初の8つの川の中には、ウィスコン州にあるセント・クロワ川とナメカゴン川も入っていた。彼は又、ウィスコンシン州にあるスーペアリア湖沿いのアポストル・アイランド国立湖岸を含め、国内の景観的海岸や湖岸の保護を促進するため、内務省への手助けも行った。

それでも、ネルソン氏は満足しなかった。彼は、「国中至る所で環境悪化の徴候が現れている。そして、政治体制を除く誰もがそのことに気付いている。」と数年後に述べた。

1969年、西海岸での講演会ツアーの途中で、ネルソン氏は、ベトナム戦争に反対する当時の校内討論会をモデルに“巨大な草の根抗議運動”と称したアイデアを思い付いた。そして、9月にシアトルで行われた会議で、来春に抗議運動を行うことを発表した。1970年の4月22日水曜日がその日に選ばれた。

2千万人以上のアメリカ人が参加し、ホワイト・プレーンズではブロンクス川からタイヤや古い電気製品の引き上げを行ったり、オレゴン州ではキャンパスデモを行ったりといったありとあらゆる方法で最初のアースデーを記念した。ニューヨークのジョン・V.・リンジー市長は、五番街の車道を閉鎖し、連邦議会は、議員が地域のイベントに参加できるよう閉会した。42の州議会は、その日を記念するために、アースデーの決議を通過させた。

ネルソン氏は、「アースデーが功を奏した理由は、自ら自然に結成されたところにあり、アイデア自体は、手の届く所にあって、それをみんなが上手く掴み取ってくれたのだ。政治家が、『何てことだ。人々が、こんなに必死になるなんて。』と言うくらい多くのデモ参加者を私は望んでいた。」と語った。

数ヵ月後、リチャード・M.・ニクソン大統領は、環境保護局を設立した。ネルソン氏は、1970年代の大気汚染防止法、1972年の水質汚染防止法の修正、絶滅危惧種保護法の成立などに実績をもたらした1970年代の立法機関行事の中心人物であった。また、ネルソン氏は、アパラチア山道の2000マイルの保護、車の燃料効率基準の設定、露天採鉱による損害の規制、殺虫剤(DDT)の使用禁止などにつながる法律の第一保証人でもあった。 

1995年、ビル・クリントン大統領は、国で最高とみなされる市民名誉である自由勲章をネルソン氏に授与した。クリントン大統領は、「ネルソン氏は、アースデーの父であると同時に、その事象から生じたすべてのものの祖父である。そして、彼は、我々の天然資源を保護することは、アメリカンドリームを保護しているということに値することを我々に思い出させてくれた。」と述べた。

ネルソン氏は、1980年、4期目の上院議員選挙で敗戦した。彼は、その後、自然保護団体に参事官として加わり、亡くなるまでの間そこに勤めていた。

ゲイロード・アートン・ネルソン氏は、1916年6月4日にウィスコンシン州のクリアレークで生まれた。彼の父は、医師で、母は、市民生活において意欲的に活躍していた。そして、彼の祖父は、州の共和党の創立者であった。ネルソン氏が、まだ少年だった頃、彼の父は、革新政党のリーダーであったロバート・M.・ラフォルテ氏の演説を聞くのに彼を連れて行った。そのリーダーは、列車の最後尾から演説を行い、その出来事が、政治に対する興味を抱かせる切っ掛けとなったとネルソン氏は語った。サンホセ州立大学、そしてウィスコンシン法科大学院を卒業後、ネルソン氏は、4年間程兵役に服し、沖縄で中尉として戦闘を目にした。

ネルソン氏の政治生命は、州議会議席に共和党員として立候補して落選した1946年に始まった。2年後、他の党に移った後、彼は、州の上院議員の議席を獲得し、10年間その任務を務めた。1958年、彼は、知事に選ばれた。彼の業績のうち最も注目すべきものは、屋外レクリエーション取得企画を制定したことであり、それは、国有地の保護企画の資金、5千万ドルを調達するのに、タバコ1箱につき1セントを課税するという国内初の保護企画手段を取ったものであった。1962年、ネルソン氏は、任期4年目の共和党上院議員、アレクサンダー・ワイリーを負かし、初の上院議員の席を勝ち取った。

彼は、妻のケリー・リー・ネルソン(57歳)、2人の息子、ゲイロードジュニアとジェフリー、娘のティナ、そして、3人の孫を残して他界された。

★翻訳:上村美穂子

Gaylord A. Nelson, Founder of Earth Day, Is Dead at 89

By KEITH SCHNEIDER
Published: July 4, 2005

Gaylord A. Nelson, a former senator from Wisconsin who was one of the architects of America's modern environmental movement and the founder of Earth Day, died yesterday in Kensington, Md. He was 89.

The cause was cardiovascular failure, Bill Christofferson, a family spokesman, told The Associated Press.

A liberal Democrat who also served as governor of Wisconsin, Mr. Nelson was known for his candor and independence. He was one of only three senators who voted against the $700 million appropriation that began the nation's expanded involvement in the Vietnam War.

But Mr. Nelson was most distinguished on Capitol Hill as an early and ardent environmental leader. On March 25, 1963, in his first Senate speech, he framed the declining condition of the nation's air and water as a national issue. "We need a comprehensive and nationwide program to save the national resources of America," he said. "Our soil, our water and our air are becoming more polluted every day. Our most priceless natural resources - trees, lakes, rivers, wildlife habitats, scenic landscapes - are being destroyed."

The speech coincided with Mr. Nelson's successful private effort to lobby President John F. Kennedy to embrace environmental protection as a priority. In September 1963, President Kennedy embarked on a five-day, 11-state tour to talk about conservation.

The president's attention stirred political interest. In 1964, Mr. Nelson was part of the group of lawmakers who sponsored the Wilderness Act, which permanently safeguarded millions of acres of federal land. He worked with the Johnson administration to pass the federal Wild and Scenic Rivers Act in 1968. Among the first eight rivers protected by the law were the St. Croix and the Namekagon in Wisconsin. He also helped the Interior Department establish national scenic seashores and lakeshores, including the Apostle Island National Lakeshore in Wisconsin along Lake Superior.

Still, Mr. Nelson was unsatisfied. "All across the country, evidence of environmental degradation was appearing everywhere, and everyone noticed except the political establishment," he said years later.

On a speaking tour of the West in 1969, Mr. Nelson came up with an idea for what he called "a huge grass roots protest" modeled after that era's campus "teach-ins" to oppose the Vietnam War. At a conference in Seattle in September, he announced that the protest would take place the following spring. The date chosen was April 22, 1970, a Wednesday.

More than 20 million Americans marked the first Earth Day in ways as varied as the dragging of tires and old appliances out of the Bronx River in White Plains and campus demonstrations in Oregon. Mayor John V. Lindsay of New York closed Fifth Avenue to vehicles. Congress shut its doors so lawmakers could participate in local events. Legislatures from 42 states passed Earth Day resolutions to commemorate the date.

"The reason Earth Day worked," Mr. Nelson said, "is that it organized itself. The idea was out there and everybody grabbed it. I wanted a demonstration by so many people that politicians would say, 'Holy cow, people care about this.' "

Months later, President Richard M. Nixon established the Environmental Protection Agency. In 1970's, Mr. Nelson was at the center of legislative activity that resulted in the 1970 Clean Air Act, revisions in 1972 to the Clean Water Act, and passage of the Endangered Species Act. Mr. Nelson was a principal sponsor of laws that preserved the 2,000-mile Appalachian Trail, established fuel efficiency standards in automobiles, sought to control damage from strip mining and led to a ban on the insecticide DDT.

In 1995, President Bill Clinton awarded Mr. Nelson the Presidential Medal of Freedom, the nation's highest civilian honor. "As the father of Earth Day, he is the grandfather of all that grew out of that event," President Clinton said. "He inspired us to remember that the stewardship of our natural resources is the stewardship of the American dream."

Mr. Nelson was defeated in 1980 in the race for his fourth Senate term. He joined the Wilderness Society as a counselor, where he worked until his death.

Gaylord Anton Nelson was born on June 4, 1916, in Clear Lake, Wis. His father was a physician and his mother was active in civic life. His great-grandfather was a founder of the state Republican Party. When Mr. Nelson was a boy, his father took him to hear Robert M. La Follette, the leader of the Progressive Party, deliver a speech from the back of a
train, an event that the future senator said inspired his interest in politics. After graduating from San Jose State College and the University of Wisconsin Law School, Mr. Nelson served about four years in the Army and saw action as a first lieutenant on Okinawa.

Mr. Nelson's political career began in 1946 when he ran as a Republican for a State House seat and lost. Two years later, after changing parties, he won a State Senate seat and served 10 years. In 1958 he was elected governor. Among his most notable achievements was enacting the Outdoor Recreation Acquisition Program, a $50 million state land preservation program financed by a 1-cent per pack tax on cigarettes that was the first conservation program of its kind in the nation. In 1962 Mr. Nelson defeated a four-term Republican senator, Alexander Wiley, to win his first Senate term.

He is survived by his wife of 57 years, Carrie Lee Nelson; two sons, Gaylord Jr. and Jeffrey; a daughter, Tia; and three grandchildren.



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 1060, today: 2, yesterday: 0
Last-modified: Tue, 21 Feb 2017 17:52:22 JST (180d)
アースデイJP ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

アースデイ(地球の日)は4月22日、毎年Earth Dayの期間には世界各地で持続可能な社会を表現する、自由なイベントやアクションが行われています。
アースデイJPでは、多様なコミュニティーが開催する、日本各地のアースデイー情報を発信しています。

translation korean chinese english