Top / Gaylord Nelson / ワシントン・タイムズ


Washington Times

http://www.washingtontimes.com/national/20050703-113117-5311r.htm

Gaylord Nelson, 89, conservationist, dies

2005年7月4日

ミルウォーキー(AP通信)

35年前にアースデーを創生させ、近代的な環境運動の始まりに貢献したウィスコンシン州の庶民派民主党議員、ゲイロード・ネルソン氏が死去。享年89歳。

ネルソン氏の伝記作家で、家族の代弁者でもあるビル・クリストファーソン氏によると、ネルソン氏はメリーランド州ケンジントンの自宅で、循環不全のため他界された。

自然保護活動が広まるよりずっと以前から、ネルソン氏は環境活動家の第一人者として活躍された。

1970年にネルソン元議員が創生したアース・デーには約2千万人が参加。これを記念し、現在でも4月22日は植林や、ゴミの掃除、美しい環境のための活動が行なわれている。

ネルソン氏はまた、ミルウォーキーの電話帳を破いたり(これには仕掛けがあった)、片腕立て伏せを披露など、上院でのパーティー芸でも評判がよかった。

ジェームス・E・ドイル知事は昨日、「彼は素晴らしい人だった。謙虚で、楽しく、そして自分の原点がウィスコンシンのクリアレイクであることに誇りを持ち、権力や自分の役職の誇示で変わるようなことはなかった」と述べた。

引退の14年後の1995年、ネルソン氏は当時のクリントン大統領から、環境活動への取り組みで自由勲章を受章。

クリントン前大統領は「彼はアースデーの父であり、環境保護法、大気浄化法、水質浄化法、飲料水安全法などアースデーが生み出した様々な産物の祖父でもある。」と声明を読み上げた。

20世紀、ウィスコンシン州知事に当選した民主党出身議員はたった2人であり、ネルソン氏はその二番目の議員として1958年に州知事選に当選した。

何百、何千エーカーもの公園用地、湿地帯やその他の空き地を州が保護目的で買い取るために、一箱1ペニーのタバコ税を適用したが、この発想はその後他の州の模範となる。

1962年、ネルソン氏は2年任期を二回勤めた後、共和党の対立候補だった78歳のアレクサンダー・ウィリー氏を退け、初めて上院で3度目の任期当選を果たした。

上院においてネルソン氏は、2,100マイルのアパラチア山道の保護と、国立のハイキングシステム構築の法律制定といった保護政策を支持。ウィスコンシン州で下院議員を9任期を勤め、ニクソン政権下で国防長官だったメルビン・レアード氏は「環境保護改革と環境改善の分野へのゲイロード氏の貢献は、生ける記念物である」と語った。

しかし、ネルソン氏の取り組みにおいてもっとも大きなものといえば、ベトナム戦争の反戦討論会が基盤である環境デモとしてスタートしたアースデーである。

「環境に関する、国全体の討論会をやればいいではないか、と突然思いついたのです」とネルソン氏は語った。1969年9月シアトルにて、彼はこのアイデアを彼のスピーチで述べた。「そしてそれは爆発的な勢いで広がっていきました」。

ウィスコンシン北部の町、クリアレイクで育ったネルソン氏は、徐々に戸外を愛することを学び育った。また、薬品広告の裏紙を使って紙の節約をするような地方の医師であった父に、ネルソン氏は倹約の精神も学んだ。

サン・ホセ州立大学で学士号を、またウィスコンシン大学で法律の学位を取得し、第二次世界大戦にて陸軍入りを経た後にマディソンに戻り弁護士として開業する。

1947年にはペンシルバニアにて知り合った陸軍看護婦のキャリー・リー・ドットソンと結婚、3児をもうける。彼は妻と二人の息子ゲイロード・ジュニアとジェフリー、そして娘ティアを残し他界された。葬儀の予定については未定。

★翻訳:石部朋子

Gaylord Nelson, 89, conservationist, dies

July 4, 2005

MILWAUKEE (AP) -- Gaylord Nelson, the folksy Democratic senator from Wisconsin who helped start the modern environmental movement with the
creation of Earth Day 35 years ago, died yesterday. He was 89.

Mr. Nelson died of cardiovascular failure at his home in Kensington, Md., said Bill Christofferson, his biographer and family
spokesman.

A conservationist years before it was fashionable, Mr. Nelson was recognized as one of the world's foremost environmental leaders.

Mr. Nelson, a former governor, started Earth Day in 1970, when an estimated 20 million people participated. April 22 is still celebrated today by planting trees, cleaning up trash and lobbying for a clean environment.

In the Senate, Mr. Nelson had a reputation for cocktail party stunts, such as ripping up a Milwaukee phone book (there was a trick to it) or doing one-arm push-ups.

"He was just an incredible person: humble, funny, proud of his roots in Clear Lake, Wisconsin, and never changed by the power and pomp of the offices that he held," Gov. James E. Doyle said yesterday.

In 1995, 14 years after he left office, Mr. Nelson received a Presidential Medal of Freedom for his environmental efforts from President Clinton.

"As the father of Earth Day, he is the grandfather of all that grew out of that event: the Environmental Protection Act, the Clean Air Act, the Clean Water Act, the Safe Drinking Water Act," read the proclamation from Mr. Clinton.

In 1958, Mr. Nelson became only the second Democrat in the 20th century to be elected governor of Wisconsin.

He used a penny-a-pack tax on cigarettes to allow the state to buy hundreds of thousands of acres of park land, wetlands and other open space to protect it -- an idea that became a model for other states.

After two two-year terms, Mr. Nelson was elected in 1962 to the first of his three terms in the U.S. Senate, unseating 78-year-old incumbent Republican Alexander Wiley.

In the Senate, Mr. Nelson championed conservation policies, including legislation to preserve the 2,100-mile Appalachian Trail and create a national hiking system. "Gaylord's contributions in the fields of conservation reform and environmental improvement are a living memorial to him," said Melvin Laird, a nine-term congressman from Wisconsin and secretary of defense in the Nixon administration.

Mr. Nelson's most recognized effort, however, was Earth Day, which he started as an environmental demonstration based on the anti-war teach-ins of the Vietnam War.

"It suddenly occurred to me, why not have a nationwide teach-in on the environment," Mr. Nelson said. He announced his idea at a speech in Seattle in September 1969, and it "took off like gangbusters."

Growing up in the northern Wisconsin town of Clear Lake, Mr. Nelson said he learned to love the outdoors "by osmosis" and learned frugality from his father, a country doctor who conserved paper by writing on the back of drug advertisements.

After receiving a bachelor's degree from San Jose State College and a law degree from the University of Wisconsin, Mr. Nelson served in the Army during World War II before returning to Madison to set up his law practice.

In 1947, he married Carrie Lee Dotson, an Army nurse he had met in Pennsylvania. They had three children. He is survived by his wife, sons Gaylord Jr. and Jeffrey, and daughter Tia. Memorial service arrangements are pending.



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 1222, today: 1, yesterday: 1
Last-modified: Tue, 21 Feb 2017 17:52:22 JST (121d)
アースデイJP ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

アースデイ(地球の日)は4月22日、毎年Earth Dayの期間には世界各地で持続可能な社会を表現する、自由なイベントやアクションが行われています。
アースデイJPでは、多様なコミュニティーが開催する、日本各地のアースデイー情報を発信しています。

translation korean chinese english