1997年6号〜アースデイ アクション情報
カテゴリ : 1997
 

アースデイ アクション情報

●子どもの権利条約第3回フォーラム実行委員会

日時:9月5日(金) 18時30分〜
場所:川崎市国際交流センター第1会議室
連絡先:子どもの権利条約ネットワーク

●サヘルの会活動報告会

日時:9月6日(土) 14時〜17時
場所:渋谷区上原社会教育館・大学習室(小田急線「代々木上原」駅下車徒歩5分)
講師:榎本肇氏「ジャンウェリ村活動報告」、北岡能隆氏「ムブナ村活動報告」
参加費:500円(資料代)
連絡先:サヘルの会事務局

●動燃本社へ講義申し入れ行動!

 抗議・要請文など、参加団体や個人でそれぞれ用意してください。
日時:9月9日(火) 16時〜
場所:動燃本社 (港区赤坂1-9-13三会堂ビル内)
連絡先:ストップ・ザ・もんじゅ東京

●品川のまちづくりマスタープラン学習会「旗の台コミュニティ道路」

日時:9月9日(火) 10時〜12時
場所:品川区中小企業センター中会議室
連絡先:品川生活者ネットワーク

●動燃解体! 9.13 緊急市民集会 ウラン廃棄物ずさん管理事件は許せません!

日時:9月13日(土) 13時30分開場 14時開演
場所:水道橋こんぴら会館(TEL 03-3811-2038)
講師:沢井正子氏(原子力資料情報室)、山崎久隆氏(たんぽぽ舎)
参加費:700円
連絡先:原発とめよう!東京ネットワーク(ストップ・ザ・もんじゅ東京 内)

●いま、男たちがおもしろい!「男のフェスティバル in ドーンセンター」

 「セクシュアリティの名づけ方」「介護と男性問題」「男のコミュニケーショントレーニング」など、興味深い分科会が20以上!
日時:9月13日(土)13時〜21時、14日(日)9時30分〜18時30分
場所:ドーンセンター(大阪府立女性総合センター)
参加費:一般1,500円、中高生1,000円
連絡先:メンズセンター

●地球温暖化防止京都会議に向けた法と政策に関する国際会議

 内外の法律学、経済学の研究者が、専門家の立場からそれぞれの国、地域の提案する議定書案や、温暖化防止対策・法制度などを紹介し、国際的な論点について議論する「プレCOP3法政策会議」を開催します。
日時:9月13日(土)〜14日(日)
場所:上智大学10号館講堂
連絡先:プレCOP3法政策会議実行委員会事務局(担当:杉山)

●非営利組織のマネジメント講座〜NGO/NPO組織強化のために

 非営利組織で働いている人、これから働こうとしている人で、マネジメントに関心のある人、ご参加ください。
日時:9月13日(土)13時30分〜14日(日)15時
20日(土)10時30分〜16時
27日(土)10時30分〜16時
場所:大阪YMCA
講師:島田恒氏(マネジメントコンサルタント)
参加費:19,000円(全回分)、13日の宿泊費6,000円、交流会費1,000円
連絡先:大阪YMCA専門学校

●第1回プルトニウム利用の中止を求める全国集会実行委員会

日時:9月18日(木) 19時〜
場所:原子力資料情報室(JR総武線東中之駅南口下車)
連絡先:ストップ・ザ・もんじゅ東京

●第8回廃木材炭化研究会

日時:9月19日(金) 18時30分〜20時30分
場所:梅田東生涯学習ルーム2C
講師:加藤高志氏((株)弥栄代表取締役)
連絡先:芦屋のゴミを考える会 (担当:山田)

●エチオピアプロジェクトを語る

 エチオピアで始まったJVCのプロジェクトが始まってから1年の活動をお伝えする初めての報告会です。
日時:9月20日(土) 14時〜17時
場所:中小企業センター 5階 和室
講師:市来圭氏(JVCエチオピア代表)
参加費:700円
連絡先:日本国際ボランティアセンター(JVC)

●地球温暖化としのびよる感染症の恐怖−気候変動と生物多様性の未来

 今回のフォーラムは、市民それぞれがライフスタイルを変えるとともに、生物多様性保全を真剣に考える機運をつくりだすことを目的として開催されます。
日時:9月20日(土) 13時〜17時
場所:名古屋国際会議場内1号館4Fレセプションホール
報告:江崎孝行氏(岐阜大学医学部微生物学)、平井克哉資(岐阜大学農学部家畜微生物学)他
連絡先:生物多様性JAPAN、(財)日本野鳥の会愛知県本部

●里美村国際交流フェスティバル

 茨城県里美村の姉妹都市フィリピンのラ・トリニダット町の代表団の同村訪問にあわせ、「国際交流フェスティバル」を開催します。民芸品の販売や各国料理の調理・販売、サリーなどの民族衣装試着、民族舞踊・音楽の演奏などを行います。
日時:9月21日(日) 11時〜17時
場所:茨城県里美村役場駐車場
連絡先:青年海外協力研究会 業部国際協力研究課

●気候アクション学習会

 ドイツのNGO、BUNDの出版した「Sustainable Germany」(持続可能なドイツ)を翻訳した植月千砂さんがその内容について報告します。
日時:9月21日(日)13時〜
場所:京都市教育文化センター
連絡先:環境市民

●常願寺川現地体験フォーラム'97

 「自然と人間のテーマ・都市と里山の共生を考える」をテーマとした現地体験です。
期間:9月21日(日)〜22日(月)
場所:国立立山少年自然の家(富山県)
連絡先:小野

●'97板橋環境会議

 「温暖化から暮らしと地球の明日を考える」「環境を考えた消費行動」「荒川河川敷を自然地に」「崖線の森を考える」の4つの分科会に分かれておこないます。
日時:9月21日(日) 10時〜17時
場所:板橋区立エコポリスセンター
参加費:500円(こども無料)昼食はお弁当をご用意します。懇親会費は2,000円
連絡先:板橋区立エコポリスセンター

●より開かれた社会に向けて−アメリカの経験に学ぶ情報公開の実態

 アメリカから専門家を迎え、情報公開と民主主義の原則に関する講演とディスカッションをおこないます。同時通訳付き。
日時:9月22日(月) 13時〜15時
場所:東京アメリカン・センター(abc会館10F)
司会:新藤宗幸氏(立教大学法学部教授)
講師:マイケル・ホワイト氏(国立公文書/記録庁官報室、法律問題及び政策担当ディレクター)、ウィリアム・C・マクロード氏( コリア・シャノン・アンド・スコット、法律事務所パートナー)
連絡先:東京アメリカン・センター

●環境汚染物質と私たちのからだ

 安全な空気、水、食物は私たち共通の願い。それを阻む「環境汚染物質」が、世界中で深刻な問題になっています。こうした物質に関する研究や活動がどこまで進んでいるのか、各分野のネットワークの合同企画でいち早くお届けします。
日時:9月23日(火・祝) 13時20分〜16時30分
場所:東京ウィメンズプラザホール
参加費:1,000円(資料代含む)/保育有り
連絡先:環境汚染物質と私たちのからだ実行委員会

●講演会「出会って 語って つながって」

日時:9月23日(火・祝) 10時〜16時
場所:新潟県三条市総合福祉センター
講師:加藤哲夫氏(カタツムリ社)
参加費:1,000円 中高生500円
連絡先:みずすましネットワーク

●平成9年度環境フェスティバル

 会場2FのほとんどがNGOのひろばとされ、京都消団連で企画調整しています。COP3、環境保全にむけたワークショップ展示、ステージなど企画を募集中。
日時:9月23日(火・祝) 10時〜17時
場所:パルスプラザ(地下鉄・近鉄「竹田」駅下車シャトルバス運行)
連絡先:京都消費者団体連絡協議会

●特別セミナー「いまやれる実践的温暖化対策」

 地球環境政策フォーラムでは、民生分野を対象にした、温室効果ガス排出削減の具体的取り組みを指向するセミナーを開催します。
日時:9月24日(水) 9時30分〜17時
場所:港区芝浦港南区民センター・ホール
連絡先:地球環境政策フォーラム

●喜納昌吉&チャンプルーズ朴保バンド チャリティーコンサート

 来場の際には、お米をお一人様1kgほどご持参ください。食糧難に苦しむ北朝鮮のこどもたちに配布します。
日時:9月24日(水) 開場18時30分(小雨決行)
場所:横浜市鶴見区曹洞宗大本山總持寺 仏殿前特設ステージ(雨天時、鶴見大学体育館)
入場料:前売り3,000円/当日3,500円
連絡先:曹洞宗国際ボランティア会(SVA)アリランの人々に微笑みをチャリティーコンサート実行委員会

●環境マンガ展PART?「アツーイ地球、いまSOS!」

 地球がだんだんアツクなる。いま来たこの道帰りゃんせ…第7回目の環境マンガ展を、ぜひご高覧ください!
日時:9月25日(木)〜10月14日(火)10時〜18時(水曜日休館/祝祭日開館)
場所:東京ガス新宿ショールーム
出展:石ノ森章太郎氏、馬場のぼる氏、里中満智子氏ほか
連絡先:地球環境を守る漫画家の会(担当:関根)

●ダイオキシン類問題といかに取り組むか

日時:9月27日(土) 14時〜16時30分
場所:芦屋市立公民館(市民センター別館)218室
講師:宮田秀明氏(摂南大学教授)
連絡先:芦屋のゴミを考える会(担当:山田)

●持続可能なエネルギー政策への視点

 COP3の開催まであと数ヶ月となりましたが、持続可能な社会・エネルギーへの出口は、まったく見えてきません。私たちは、果たして何処へたどりつこうとしているのか。あらゆる駆け引きを越えた地球人類のための政策をとることは可能なのか。ディスカッションしてみたいと思います。
日時:9月27日(土) 13時30分〜16時30分
場所:地球環境パートナーシップ・オフィス
問題提起:槌屋治紀氏(システム技術研究所)、高木仁三郎氏(原子力資料情報室)
参加費:500円
連絡先:原子力資料情報室(担当:大林)

●地球市民講座「くらがるねぇ」第3回「ネパール女性と保健衛生」

 ネパールは、女性の平均寿命が男性より短いという世界でも数少ない国のひとつです。特に農村では適切な医療サービスがなかなか受けられません。現地でスタッフをしていらっしゃるお二人のお話を伺います。講演会終了後はネパール料理の交流会も有り!
日時:9月27日(土)14時〜17時
場所:横浜市野島青少年研修センター第1研修室
講師:マンガラ・トラダール氏(ヒマラヤ保全協会現地スタッフ)、田中花氏(青年海外協力隊員)
参加費:700円(会員500円)、交流会参加費5,000円(会員4,000円)
連絡先:ヒマラヤ保全協会

●ボランティア入門講座

 シャプラニールの説明に加えて国内でできる海外協力、ボランティア活動についてお話します。当日、希望者には、「ボランティア体験タイム」も設けています。
日時:9月27日(日)13時〜15時/10月5日(日)13時〜15時
場所:シャプラニール事務局
連絡先:シャプラニール=市民による海外協力の会

●講演会「ボスニア・ヘルツェゴビナ−戦禍に傷ついた2つの側を旅して」

日時:9月28日(日) 13時30分〜16時30分
場所:早稲田エスペラント会館(地下鉄東西線「早稲田」駅神楽坂出口)
講師:菊島和子氏
参加費:800円
連絡先:エスペラント会館

●講演会「遺伝子組み替え食品」

日時:9月28日(日)13時30分〜16時
場所:愛知豊橋市民センター6F
講師:安田節子氏(日消連)
参加費:300円(資料代)
連絡先:豊橋有機農業の会

●「シンポジウム 遺伝子組み替え食品を考える」

日時:9月29日(月)13時30分〜16時30分
場所:エル・おおさか(大阪府立労働センター)
パネラー:厚生省食品保険課課長補佐、農水省表示対策室課長補佐、伊藤氏(消費科学連合会事務局長)、渡辺雄二氏(科学評論家)
参加費:1,000円
連絡先:遺伝子組み替え食品を考える会 (大阪府有機農業研究会内)

●'97第6回アースデイ こどもとおとなの絵てがみメッセージ展

 わたしたちの地球へのメッセージをごらんください!作家出品もあります。
・えほん館
日時:9月10日(水)〜9月21日(日)
・クレセントヌーン
日時:9月23日(火)〜10月4日(土)
・法然院 森のセンター
日時:10月5日(日)〜10月12日(日)
・COP3 NGO広場(京都市北文化会館)
日時:12月1日(月)〜12月6日(土)
連絡先:アースデイカメオカ実行委員会

●国際協力市民講座

 「地球市民になるために、あなたと共に考え、支えたい国際協力活動」をテーマに、市民・NGOと政府とのパートナーシップを考えます。
第1回「世界の中の日本…青年海外協力隊」
9月25日(木)18時30分〜20時30分
講師:横山信弘氏(青年海外協力隊OB)他
第2回「多文化共生のための開発教育ゲーム」
10月7日(火)18時30分〜20時30分
講師:竹田敦子氏、伊藤かおり氏(国際理解教育・あいち)
第3回「NGOは明日を拓く」
10月22日(水)18時30分〜20時30分
講師:斉藤千宏氏(シャプラニール代表)
第4回「日本人の知らない日本〜日本に働く外国人」
12月13日(土)14時〜16時30分
講師:ステファニ・レナト氏(名古屋NGOセンター)、駒山久美子氏(日系インフォメーションセンター)
第5回「政府開発援助とNGO」
1月24日(土)14時〜16時30分
講師:神田浩史氏(地域自立発展研究所長)、外務省民間援助支援室
第6回「スタディーツアーで学ぶこと」
2月21日(土)14時〜16時30分
講師:杉本てるこ氏(フィリピン情報センター・ナゴヤ)他
場所:名古屋国際センター研修室
連絡先:名古屋NGOセンター

●「社会参加は鉄道利用から−だれもが使える交通機関を求める神奈川行動の記録」

 駅にエレベーターや転落防止対策を!ノンステップバスやリフト付きバスを!
日時:10月1日(水)〜 8日(水)
場所:神奈川県民センター9F 展示場
連絡先:だれもが使える交通機関を求める神奈川実行委員会

●ジャスコと環境市民が行う地球温暖化防止COP3キャンペーン in 日根野店

日時:10月3日(金)〜5日(日)10時〜19時(最終日は18時30分まで)
場所:ジャスコ近畿カンパニー・環境市民
連絡先:環境市民

●大湿原地帯横断「イリアンジャヤ体験ツアー」

 地元の人々との交流、大湿原でのバードウォッチングなど
日時:10月3日(金)〜13日(月)
場所:インドネシア:イリアンジャヤ州メラウケ(ワスール国立公園、ムティン)他
費用:学生26.8万円、一般27.8万円
連絡先:日本インドネシアNGOネットワーク

●講演会「遺伝子組み替え食品」

日時:10月3日(金) 10時〜12時30分
場所:ルブラ王山・中ホール(地下鉄東山線「池下」駅徒歩5分)
講師:渡辺雄二氏(科学ジャーナリスト)
連絡先:中部よつ葉会

●運動をしごとにする「地球時代の働きかた−みんなでNPOをかんがえよう」

日時:10月4日(土)14時〜16時
場所:水沢市文化福祉会館
トーク:加藤哲夫氏(カタツムリ社)
参加費:1,000円
連絡先:いばらぎNPO研究会

●'97東京ウォーターフロントコンサート「水の音原風景」

 レインボーブリッジの夜景を背景に展開される「日本の音」の新たな試み。
日時:10月4日(土) 講座 14時10分〜16時30分、コンサート 18時30分〜20時30分
場所:東京ベイサイドエリア 野外特設舞台(豊洲埠頭)
連絡先:'97東京ウォーターフロントコンサート「水の音原風景」実行委員会

●国際協力フェスティバル※ボランティアも大募集!

 第7回目の今年は、国際協力に関わるNGO、政府機関、国連、国際機関、自治体、青年海外協力隊OB・OG会、民間団体等の約150団体が参加します。
日時:10月4日(土)10時〜19時/5日(日)10時〜19時
場所:東京都日比谷公園(噴水広場、第二花壇周辺、小音楽堂)、野外音楽堂、日比谷公会堂
・国際協力ゾーン/参加約150団体の展示、ワールド・ウォークラリー、エスニックレストラン、草の根貿易紹介コーナー、民族衣装着付け教室他
・野外音楽堂(4日17時〜19時/5日18時〜19時)/りんけんバンド(4日のみ)、夢幻想(中国)、マーク・ディローズバンド
・噴水ステージ/世界の音楽(4日11時30分〜)、民族衣装ファッションショー(4日13時〜/5日14時45分〜)、国際協力就職セミナー(5日10時30分〜)、エスニック・オン・ステージ(12時15分〜)、ネパールの踊りと演奏(5日17時〜)他
連絡先:NGO活動推進センター(JANIC)

●入門 英語でエコクッキング

 ネイティブのミシェルさんと自然の食材で簡単にできる料理をつくってみませんか。英語が苦手でも大丈夫です。食後には、エコロジーのクイズをしたり、私たちが普段食べているものが世界とどうつながっているかを、楽しく知ります。
日時:10月4日(土)11時〜15時
場所:ワーピアつるまい料理教室(名古屋市勤労婦人センター)
講師:ミシェル・ミツモリ氏(YMCA英語講師)
持ち物:エプロン、ふきん1枚、袋(スーパーの袋1枚)
参加費:1,500円(材料費すべて込み)
連絡先:名古屋NGOセンター

●市民のための情報公開法セミナー PART6

日時:10月4日(土)13時30分〜16時
場所:名古屋市女性会館/第1研修室(地下鉄名城線「東別院」駅下車徒歩3分)
内容:第1部 アメリカの情報自由法の実際 川合伸子氏(弁護士)
第2部 各地域の情報公開活動の情報交流
参加費:300円
連絡先:消費者行動ネットワーク事務局

●サラワクスタディツアー報告会「あつい情けに泣けたぜ サラワク」

 この夏行われたスタディツアーの幅広い世代にわたる参加者は、マレーシア・サラワク州の熱帯林の中で何を見たのか? 先住民イバン人のロングハウスの生活・文化、それをつつむ森・川、そこに暮らす生き物、失われゆく焼畑農業、彼らと交流する中で教えられたことなど、生活を共にして体で感じたサラワクについて熱い思いを語ります。
日時:10月4日(土) 18時〜21時
場所:アピオ大阪(JR大阪環状線「森の宮」駅すぐ)
講師:荒川共生氏(関西セミナーハウス)、貞富信裕氏(関西NGO大学運営委員)、河野雄一郎氏(熱帯林京都)他、スタディツアー参加者
連絡先:荒木

●TOUR! NEGROS! TOUR!報告会−ネグロス島で交流・マニラでワークショップ体験

 今年の夏、岡山から3人の若者がフィリピン・ネグロス島を訪ねました。若いハートは、国際協力の現場で何を感じ、学んだのでしょうか?
日時:10月5日(日)17時30分〜19時30分
場所:岡山国際交流センター(岡山市奉還町2-2-1)
講師:油木麻由美氏(岡山大学3年)、橋本ふみえ氏(京山中学3年)、松尾佳紀氏(岡山大学3年)
連絡先:ネグロス・キャンペーン岡山

●砂漠植林ボランティア「夏休み地球体験・緑の親善大使」

 ハラサ砂漠の植林、北京市内、万里の長城見学など
日時:10月5日(日)〜12日(日)
場所:中華人民共和国、内モンゴルのハラサ砂漠
費用:一般264,000円、会員254,000円
連絡先:地球緑化センター

●連続講座「ドイツに学ぶ−日本のゴミ行政のどこが問題か?」

 ドイツの「廃棄物の回避管理法」から「循環経済法」まで、法律をわかりやすく講義です。
日時:?10月6日(月) 13時30分〜16時 ?11月10日(月) 13時30分〜16時
場所:名古屋市消費生活センター第2研修室(地下鉄「伏見」駅?出口から南へ)
講師:中川武夫氏(中京大学体育学部教授・環境問題研究家)
参加費:500円(資料代)
連絡先:木曽川住民の会

●「カナダの環境教育事情」を学ぶ

 国際理解教育センターでは、「カナダの環境教育事情」と「持続可能な開発を学ぶためのワークショップを開催します。
日時:10月8日(水)18時30分〜21時
場所:生活産業プラザ 4階 会議室
参加費:2,000円
連絡先:国際理解教育センター(ERIC)

●第2回 在日交流大運動会−「在日」のびのび!「共生」にこにこ!−

 在日韓国・朝鮮人をはじめとする在日外国人やマイノリティがともに集い交流する運動会です。運動会や文化紹介などを通して相互交流をはかります。ぜひご参加ください!
日時:10月10日(金・祝)10時〜15時
場所:都立国際高校グラウンド(雨天は体育館)
連絡先:民族共生教育をめざす東京保護者の会

●赤かぶ弁当5周年記念感謝祭

 毎年恒例の感謝祭の季節がやってきました。早いもので5年目です。今年は今までのヒットメニューを用意します。持ち込み大歓迎!
日時:10月10日(金)14時〜
参加費:1,000円(お酒を飲む人は1,500円)
連絡先:赤かぶ屋

●渥美の自然を守れ!伊良湖フォーラム97

日時:10月10日(金・祝)13時〜16時
場所:伊良湖ビューホテル(愛知県渥美市)
講演:八木将勝氏(渥美自然の会)「渥美の自然と植物」、熊崎詔之氏(日本野鳥の会岐阜県支部)「岐阜県内のタカの渡り」、呉羽和男氏(名古屋港水族館副館長)「文化と環境」
連絡先:渥美自然の会

●CASA第?期 地球環境大学 第3回講座

日時:10月11日(土)13時〜16時
場所:大阪府立社会福祉指導センター(大阪市中央区)
講師:植田和弘氏(京都大学)「地球温暖化問題と私たちのくらし」、上園昌武氏(大阪市立大学大学院生)「家庭におけるエネルギー使用と地球温暖化問題」
連絡先:地球環境と大気汚染を考える全国市民会議(CASA)

●田中正造の風土を歩く・Part4「緊迫した田中正造生家問題を訴える」−佐野市−

日時:10月12日(日)10時〜16時30分
場所:東武鉄道佐野線「吉水」駅前広場集合

●NPOかながわ交流会「神奈川におけるNPOの可能性と課題を探る」

 6月に開催されたNPOフォーラムの参加者やNPOに関心のある方が、フォーラムでの議論も踏まえながら自発的に交流を深め、各自の取り組みや、神奈川における様々な課題や今後の取り組みについて意見交換・情報交換を行う交流会です。
日時:10月12日(日)13時30分〜17時
場所:フォーラムよこはま交流ラウンジ(桜木町ランドマークタワー13F)
ゲスト:松原明氏(シーズ=市民活動を支える制度をつくる会事務局長)
参加費:500円
連絡先:アリスセンター(まちづくり情報センター・かながわ)

●シンポジウム「容器包装リサイクル法の半年点検」

 実施スタートから半年を経過したところで今一度容器包装リサイクル法を点検し、3Rを基本にした21世紀のシステムとして「リサイクルnextプラン」を問題提起する場をつくります。
日時:10月15日(水)13時30分〜16時30分
場所:憲政記念館
参加:びん再使用ネットワーク、寄本勝美氏(早稲田大学教授)他
参加費:300円(資料代)
連絡先:市民立法機構

●東京都国際化推進指導者セミナー第1部「開発と環境について考える」

 市民グループや自治体による国際協力活動が注目を集めています。本セミナーでは、これまでの活動を点検し、今後のあり方を検討するために、開発途上国の現状を認識するとともに、地域に根ざした活動に付いて、自治体と民間団体との パートナーシップに焦点をあてて考えていきます。
日時:10月17日(金) 9時45分〜16時30分
場所:東京都庁都民ホール(都議会議事堂1F)
内容:現地報告、ミニワークショップ、パネルディスカッション等
参加者:長畑誠氏(シャプラニール=市民による海外協力の会)、伊藤達男氏(日本国際ボランティアセンター)、小林和夫氏(日本ネグロス・キャンペーン委員会)他
参加締切:9月30日(消印有効)
連絡先:東京都生活文化局国際部国際化推進課セミナー担当

●阿佐ヶ谷市民講座「ゴミ焼却とダイオキシン」

日時:10月17日(金)18時30分〜
場所:劇団展望
講師:依田彦三郎氏

●講演会「21世紀も人間は動物である」

日時:10月17日(金)19時〜
場所:足立教育研究所5F
講師:小沢徳太郎氏(環境問題ジェネラリスト)
参加費:500円(資料代)
連絡先:東むさし地球の会、自然環境を考える会 (担当:寺山)

●研究所総会記念講演「21世紀万博開催をめぐる地域動向と課題」

日時:10月17日(金)18時30分〜20時30分
場所:名古屋市教育会館(地下鉄「栄」駅下車)
講師:下山泰彦氏(瀬戸市職副委員長)
連絡先:東海自治体問題研究所

●コープ環境講座「地球と台所をつなぐ環境問題」

 「持続可能な経済社会システムへの転換に向けて、台所から見ていかなければならない課題は何か?」このような視点から、グリーンコンシューマー(緑の消費者)としての積極的な行動への手がかりをさぐります。
内容:各回とも土曜日、14時〜16時10分
・10月18日「いま環境問題をどうみるか−イントロダクションと総論」 寺西俊一氏(一橋大学)
・11月1日「日本の水銀汚染とアジアの環境問題」 原田正純氏(熊本大学)
・11月15日「地球温暖化はなぜ問題なのか:京都会議の争点」 松本秦子(グリーンピース・ジャパン)
・11月22日「自然保護と廃棄物問題」 磯崎博司氏(岩手大学)
・12月6日「世界のアメニティ問題と日本の現状」 堀川三郎(法政大学)
・12月20日「COP3京都会議の最新情報」 浅岡美枝恵氏(弁護士)
・'98年1月24日「ISOとLCA/グリーンコンシューマーの役割」 永井進氏(法政大学)
・2月7日「まとめ−台所から見なければいけない地域・地球環境問題」 淡路剛久氏(立教大学)
参加費:3,000円(8回通し)
申込締切:9月30日
連絡先:(財)消費生活研究所

●温暖化における市民の役割「We Can Do It」

日時:10月18日(土)
場所:神戸クリスタルホール7F「エコプラザ」
連絡先:関西学院総合政策学部(担当:熊)

●提起講演会「21世紀への歩み」〜今、考えていること〜

日時:10月18日(土)16時〜18時30分
場所:早稲田奉仕園セミナールーム204号室
講師:野本三吉氏(横浜市立大学教授)、岸田哲氏(社会福祉施設園長)、阿木幸男氏(翻訳家)
参加費:500円(高校生、予備校生200円)
連絡先:(財)大竹財団

●市民活動知恵袋ワークショップ「小さな助成金を獲得する」

 「グループで講座を企画したけれど、遠方からの講師の謝礼が心配」というのはよくあること。そんなときに役立つ自治体や財団の小さな助成金にはどんなものがあるのか、またそれを獲得するための努力のポイントは?ちょっと先輩の市民グループの経験から学びます。
日時:10月18日(土)10時〜12時
場所:フォーラムよこはま セミナールーム2
講師:岡村聡子氏(CSR(チャイルド・セクシャリティ・リサーチ))
参加費:700円
定員:10名
連絡先:フォーラムよこはま

●ピナット・スタディツアー報告会「いってきましたフィリピンに」

 この夏、フィリピンの先住民族アエタの人々の村でホームステイし、生活を共にしました。笑顔いっぱい、パワー爆発の小学校交流プログラムの事などを劇で紹介し、手作りの報告会を行います。初めて感じた驚きととまどいを中心に、フィリピンで食べた料理も再現します。
日時:10月19日(土)17時〜
場所:すぺーすはちのこ(東京都三鷹市野崎)
参加費:500円
連絡先:水野

●よみがえるチベット医学「第3回くらがるねぇスタディツアー」

 チベット文化圏でのホームステイやチベット医学現場の訪問、エコミュージアムを通じて伝統文化とその保全について考えます。
日時:10月19日(日)〜29日(日)
場所:ネパール:カトマンデュ、ポカラ、ジョムソンとその近郊の村、ムクチナート
費用:28万円(非会員は別途7,000円が必要)
連絡先:ヒマラヤ保全協会

●藤前干潟と代替地ツアー−候補地西5区を実際に見てみよう!−

日時:10月19日(日)10時〜15時
場所:藤前干潟集合
参加費:500円
申込締切:10月17日(金)
連絡先:藤前干潟を守る会

●環境フェスタ97夜久野

 京都北部でCOP3成功にむけて開催します。
日時:10月19日(日)13時15分〜16時
場所:夜久野町農業者トレーニングセンター(京都府福知山北西部)
講師:原強氏(気候フォーラム京都ネット事務局長)「地球温暖化問題」、中村梧郎氏(フォトジャーナリスト)「くらしから考える環境問題」
連絡先:京都生協両丹ブロック

●第28回京都消費者大会Part2「ダイオキシンとリサイクル社会」《COP3/40日前企画》

 ごみ焼却場から生み出されるダイオキシン。その排出状況や影響、ヨーロッパの環境先進国のリサイクルシステムについてのスライドをまじえたお話です。有害物質を出さず、資源を活用するリサイクルシステムの確立にむけて、ともに考えあいましょう。
日時:10月20日(月)18時30分〜20時30分
場所:コープ・イン・京都(京都市中京区)
連絡先:京都消費者団体連絡協議会

●快適環境シンポジウム「地球まるごと快適環境〜温暖化防止にむけてイーハトーブからの発信」

日時:10月23日(木)10時〜
場所:岩手県東和町総合福祉センター
連絡先:環境庁

●97年度『ヒューライツ大阪』市民セミナー「アジアの先住民族」

 ヒューライツ大阪では国際的な人権の課題について、市民のみなさんとともに学び語り合うセミナーを企画しています。
内容:各回とも金曜日、18時30分〜20時30分
・10月24日「台湾の原住民族と今と昔」
竹尾茂樹氏(明治学院大学教員)
・10月31日「バングラデシュ・チッタゴン丘陵の先住民族の現状を考える」
真実一美氏(チッタゴン丘陵問題対策会議代表)
・11月7日「インドネシアの『復帰』か『併合』か−西パプアの民族と紛争の歴史」
松野明久氏(大阪外国語大学教授)
場所:ヒューライツ大阪セミナー室(JR環状線又は地下鉄中央線「弁天町」駅下車・オーク1番街15F)
参加費:一般1回500円
連絡先:ヒューライツ大阪((財)アジア・太平洋人権情報センター)

●藤前フォーラム Part1

日時:10月25日(土)18時〜20時30分
場所:名古屋市女性会館(地下鉄「東別院」駅徒歩3分)
内容:スライドトーク「アナジャコのなぞ」、みんなでトーク「こうして残す藤前干潟」
連絡先:藤前干潟を守る会

●第5回 全国雑木林会議−考えよう 暮らしと森とわたしたち

 どんぐりボランティアネットワークが主催する、森と人とのつながりを見つめ直す集会です。全体会議「暮らしとつながる森を考える」をはじめとして、分科会、雑木林めぐりなどを行います。
日時:10月25日(土)〜26日(日)
場所:休暇村五色台周辺
参加費:参加方法によって異なります。要連絡。
連絡先:香川県林務課内 どんぐり銀行事務局

●プルトニウム利用の中止を求める全国集会

 「いいかげんにしろ!動燃・科技庁。終わりにしよう!もんじゅ再処理」怒っている人は来てください。講演、歌、アピールなどを現在企画しています。
日時:10月26日(日) (本集会)13時〜14時45分 (デモ出発)15時
場所:東京都港区芝公園23号地(都営地下鉄三田線「御成門」駅下車徒歩4分)
参加費:500円
連絡先:ストップ・プルトニウム首都圏連絡会

●リレートーク「キーワードは女と男−この10年これからの10年」

 国連婦人の10年から北京世界女性会議をへて、さまざまな場で女性たちはエンパワーしてきました。(財)横浜市女性協会10周年を記念し、“女と男”をキーワードに過去を振り返り、未来を展望するリレートークを企画しました。それぞれの専門分野で活躍中の方々による領域を越えたやりとりにご注目ください。
日時:10月26日(日)13時〜16時15分
場所:横浜女性フォーラム 1F ホール
スピーカー:山根基世氏(NHKエグゼクティブアナウンサー)、石井苗子氏(キャスター)、荻野アンナ氏(慶應義塾大学文学部教授)、田嶋陽子氏(法政大学教授)、樋口恵子氏(東京家政大学教授)、養老孟司氏(北里大学教授)、有馬真喜子氏(フォーラムよこはま館長)
※保育(予約制−2歳〜未就学児)、手話通訳(要事前予約)あり
連絡先:横浜女性フォーラム

●Harvest Moon Live ?−阪神淡路大震災支援コンサート−

日時:10月26日(日) 15時30分〜
場所:スペースオルタ(JR横浜線、市営地下鉄「横浜」駅徒歩5分)
参加:ヤドランカ、朴朴バンド、おーまきおーまき&のむらあき、アレン・ネルソン、アンニャ・ライト、大倉正之助ほか
参加費:前売2,200円、当日2,500円、中・高校生1,000円
連絡先:勇気野菜プロジェクト

●熱帯林を守るために〜日本の公共建築・住宅・家具を問う〜

 関西や全国の自治体・ゼネコンの熱帯林削減状況、国産材や家具の現状などをまとめて、公共建築、住宅や家具の問題点などについて提案し、削減委員会最後の報告をします。この集いで、森林問題などや私たちの暮らしを一緒に考えてみませんか。
日時:10月26日(日)13時〜16時
場所:アピオ大阪(JR「森ノ宮」駅下車徒歩2分)
講師:熊崎実氏(筑波大学教授)「世界の森林破壊と日本の課題」
参加費:500円
連絡先:関西熱帯木材使用削減委員会

●揖保川の自然を考えるシンポジウム

 揖保川の自然はいかにあるべきか、流域全体を眺めたいと思います。
日時:10月26日(日)13時〜17時
場所:宍粟郡一宮町のセンター三方
内容:基調映画「絵の中のぼくの村」、揖保川水生生物調査実践発表、シンポジウム「川はともだち」、アピール
連絡先:揖保川の自然を考えるシンポジウム事務局 (担当:伊藤)

●第3回 森の文化祭

 雑木林会議に引き続き五色台他目的広場で、森の友だちどんぐりと楽しく遊びましょう!
日時:10月26日(日)9時〜16時
場所:休暇村五色台他目的広場
イベント:どんぐり食体験、リース・クラフトコンテスト、どんぐり独楽世界選手権大会、木の楽器コンサート、ミニ謝肉祭など。出展も有り。
連絡先:香川県林務課内 どんぐり銀行事務局

●実践NGOカレッジ/後期海外協力研究コース

日時:いずれも金曜日、時間は要連絡
10月31日「南北問題と海外協力」
11月7日「バングラデシュの歴史」
14日「バングラデシュのODA」
21日「バングラデシュのNGO」
28日「イスラムとジェンダー」
12月5日「インドのNGO」
12日「NGOを始める」
19日「住民参kとエンパワーメント」
1月9日「プロジェクト形成と評価」
16日 「NGOの国内活動と組織運営」
23日「企業からみたバングラデシュ」
30日「討論 私たちにできる海外協力とは」
場所:早稲田奉仕園
参加費:40,000円(18才以上で南北問題に関心がある人)
連絡先:シャプラニール=市民による海外協力の会

●開発教育教材づくりワークショップ〜開発と子どもたち

 開発のもとで子どもたちはどんな状況か、生きる力と公正な地球社会をつくるために何をしていくべきかを、子どもと係わりの深いNGOのスタッフから話しを聞きながら教材づくりを進めます。
日時:11月1日(土)〜3日
場所:神奈川県立三浦ふれあいの村
参加費:学生・会員12,000円、一般15,000円(宿泊・食費・資料代)
連絡先:開発教育協議会

●子どもの権利条約フォーラム97

 子どもの権利条約フォーラム5年目の今年は、「地域からの子どもの権利実現」をメインテーマに加え、広く地域からの参加をはかります。奮ってご参加下さい。
日時:11月2日(日)、3日(月・祝)
場所:川崎市国際交流センター
内容:出会いのセッション、子どもアクション広場、シンポジウム、分科会、情報市など
連絡先:子どもの権利条約ネットワーク

●環境フェスタ97宝ヶ池《COP3/30日前企画》

 ステージ、フリーマーケット、団体・企業のアピールブース出展募集中!
日時:11月2日(日)10時〜16時(雨天の場合は翌日に順延)
場所:宝ヶ池公園・北園(地下鉄「国際会館」下車)
連絡先:京都生活協同組合

●シンポジウム「地球温暖化と21世紀の農林水産業」

 地球温暖化と農林水産業との係わりについて点検・評価し、多様な生物の生息・生育環境を提供し続けるためには、21世紀の農林水産業はどのような姿であるべきかなどを幅広く議論します。
日時:11月8日(土)13時〜
場所:京都市宝が池の国立京都国際会館roomA
連絡先:(社)自然資源保全協会

●いのち輝く地球を!! '97・11アースフォーラム

 COP3を目前に、日々の暮らしの中で、取り組んでいけること、二酸化炭素を減らす暮らしの可能性、その実現のための創意工夫がもたらす楽しさ、そして地球とともに生きることの誇りや喜びを話し合います。
日時:11月8日(土)13時〜(開場12時)
場所:東京ファッションタウン
出演:鎌倉市長、古今亭菊千代氏(落語家)他
参加費:3,000円(会員2,000円、学生1,500円)、2部交流会参加費3,000円
連絡先:アースフォーラム実行委員会事務局

●人権セミナー・シリーズ第2回「同性愛者と人権」

 同性愛は自己決定ではない!同性愛者をめぐる様々な誤解や問題に、当事者が応えます。
日時:11月15日(土)13時30分〜16時30分
場所:四谷地域センター11F集会室4
講師:南定四郎氏(日本同性愛学会会長)、浜中大輔氏(LGN会長)
連絡先:LGN

●特別シンポジウム「日本の先住民族アイヌの権利回復を求めて」

 アイヌの人たちの人権保障をめぐって、今ようやくアイヌ新法の制定などの動きが起こっています。アイヌのゲストや和人の人権活動家に、国連を舞台にした先住民族の権利を守る動きや日本政府の対応にもふれながら、アイヌの権利回復に向けた熱い思いを語っていただきます。
日時:11月15日(土)14時〜17時
場所:大阪市立弁天町市民学習センター講堂(JR環状線又は地下鉄中央線「弁天町」駅下車・オーク2番街7F)
参加費:一般700円
連絡先:ヒューライツ大阪((財)アジア・太平洋人権情報センター)

●ALIVEフォーラム第7回「聞こえますか、動物たちの訴えが…」

日時:11月16日(日)13時30分〜16時30分
場所:野上ふさ子氏(ALIVE)
場所:土浦駅前「ウララ2」
参加費:1,000円
連絡先:ALIVE事務局

●ビーチクリーンアップとカモカモウォッチング

 ごみしらべを行います。
日時:11月16日(日)10時30分〜14時
場所:藤前干潟
連絡先:藤前干潟を守る会

●アイドリング・ストップ国際フォーラム

 地球温暖化の一因となっている自動車の不要なアイドリングについて、海外先進国の取り組みに学び、一人ひとりが環境に配慮した自動車の使用を実践する契機とし、地域から地球温暖化防止を推進します。
日時:11月19日(水)13時〜17時
場所:兵庫県公館
連絡先:兵庫県環境局大気課

●オゾン層保護・地球温暖化防止NGO国際フォーラム

 オゾン層の破壊および地球温暖化の原因物質「フロン」について、その排出防止、有効な対策措置を考え、全世界へアピールしていくため、海外の先進的なNGO、有識者を招き、世界的視野で見たハイレベルの環境問題フォーラムを開催します。
日時:11月23日(日)、24日(月・祝)10時30分〜18時
場所:西山記念会館(神戸市中央区脇浜町)
参加費:1,000円(資料代)
連絡先:オゾン層保護・地球温暖化防止NGO国際フォーラム実行委員会事務局(担当:山本)

●地球環境フェア in 神戸'97「美しい地球−子供たちの未来のために−」

 COP3の関連行事。地球温暖化をはじめとする地球環境保全への市民、団体、NGO、企業、行政機関などの取り組みについて共に提案し、議論し、考える場をつくります。
日時:11月27日(木)〜30日(日)10時〜17時
場所:神戸国際展示場
連絡先:地球環境フェア in 神戸関西事務局

●講演会「もっと感性を磨いて、楽しく生きよう」

日時:11月28日(金)17時〜
場所:竹の塚センター区民ホール4F
講師:湯川れい子(音楽評論家、作詞家)
参加費:1,000円(当日1,300円)
連絡先:東むさし地球の会、自然環境を考える会

●ナイトウォッチング干潟の鳥と星見会

 懐中電灯と星座版を持って、暖かくしてご参加ください。
日時:12月13日(土)19時〜22時
場所:藤前干潟
連絡先:藤前干潟を守る会

●インドのNGO、NEW HOPEを訪ねる旅

 NEW HOPE本部センター見学、スタッフとの意見交換、交流、ムニグダ周辺プロジェクト現場視察など。
日時:12月20日(土)〜26日(金)
場所:インド・オリッサ州ムニグダ、アンドラプラデッシュ州ビジャナガラム
費用:25万円
連絡先:草の根援助運動

●第9回スタディツアー

日時:12月21日(日)〜28日(日)
場所:ネパール
費用:一般24万円、中高生22万円
連絡先:日本ネパール教育協力会