森と水

Forest&Water

 

みんなのアースデイアクションのステージ

アースデイ長野2004

2004.1.29

 

 

アースデイ長野事務局

 

 

 アースデイ長野2004メッセージ   C.W.ニコル(作家) 


Earth day is a planet wide celebration of love and concern for our home, the wonderful blue planet Earth.

It is not a competition. Earth Day is a time for fun and sharing, with an underlying concern for the future

of the world. Come on Nagano, time to take part again

 

 

 


ポール・ウィンター Paul Winterからのメッセージ

 

Nature is now more threatened than it has ever been in the past, and the situation continues to worsen. We urgently must awaken to the importance of the "ecosystem," i.e. the "larger community of life beyond humanity. "However, destruction appears to be taking place at much higher speed.
My hope is for humanity to re-establish their natural sense of related ness to this larger community of life and become involved in preserving the wild creatures and natural habitats of the Earth.  In this sense, music is cap able of conveying the beauty, the mystery, the spirit and the miracle of life, in a living way, perhaps more than any other medium.

 

 

今、自然はかつてないほどの脅威にさらされており、状況は悪化の一途をたどっています。私たちが「生態系」、すなわち「人間を超えたもっと大きな意味での生命体コミュニティー」の大切さを認識することが急務ですが、破壊はそれを上回る速度で進行しているように思えてなりません。
人間が、この「生命体コミュニティー」とつながっているという自然の感覚を取り戻し、それによって地球上の野生生物やその生息地の保護に関わるようになって欲しいというのが私の願いです。その意味からも、音楽は、他の生命の持つ美しさ、神秘、魂、奇跡を生きた形で伝えることのできる最高の手段ではないかと考えています。

訳 宮本貞雄


ポール・ウィンター(ソプラノサックス奏者、ミュージシャン)
ポール・ウィンターは長年にわたり世界各地の文化や伝統を取り入れ、多種多様な楽器と要素、オオカミ、クジラ、ワシをはじめとする「野生の音楽家」たちによる「地球のシンフォニー」を織り交ぜた音作りなどで世界的な注目を集めてきました。
グラミー賞に10回ノミネートされ、そのうち3回受賞。1990 アース〜地球賛歌 - ポール・ウィンター  *グラミー賞ノミネート作品*では1990年のアースデイ20周年行事の一環としてタイムズ・スクエア にてプレミアされています。

     


アースデイ長野2004へのメッセージ

 

■石田桃子(作曲家・ミュージシャン)

みなさん こんにちは!
作曲家、ミュージシャンの石田桃子です。もうすっかり定着したアースデイ長野でお会いできるのを楽しみにしています。

おひざもと諏訪湖のような湖が、これからもっときれいになって甦ることを願って作曲しました「永遠の湖−Lake of Eternity」が、あちこちで聴かれるようになりました。2003年9月24日にはNHKテレビ(BSハイビジョン)の「公園通りで会いましょう」の中でも紹介され、演奏されました。

長野が全国にさきがけて田中康夫知事をはじめとする政治の牽引車としてだけでなくC.Wニコルさんをはじめとする環境・文化等の青写真を提供し、未来ビジョンの希望の松明をかかげることが出来るよう、楽しみにしています。それにはまず、ここに参加して、みなさんのご意見、感想、Idea等 どんどん分かち合いましょう!出逢いを楽しみにしています!
                             

石田桃子(作曲家・ミュージシャン)
作曲、アレンジャーとして映画「こんにちは地球家族」 等で活躍。様々なミュージカル、映画等にオリジナルスコア
(書き下ろし楽曲)を提供している。また地球環境等にも深い関心を持ち、「Happy Birthday地球人」「いのちの森」等の楽曲にて、日本および世界に音楽を通して 心と自然を癒す旋律のメッセージを発信してきた。2002年「永遠の湖Lake Of Eternity」を作曲、自身でのピアノ演奏にて作品を発表。俳優石田純一の実姉。

 

 

     TETSUO(ヴィジュアルアーティスト) 

 

「森と水」、このテーマを掲げることができるということがなんと素晴らしいことだろうかと思います。まずこのことに感謝を捧げたい。自然は回帰的な存在であるだけでなく文明の発祥や文化の発展に不可欠な要素でもありました。今に生きる私たちのすべての根底にあり、そして人間として生命としてのあり方を気づかせてくれる森と水の価値にもっと気づかなくてはと思います。アースデイのこの季節、自然の生命の躍動に私たちが自然の中で生きる存在であることを意識させられると同時に、私たち人間も新しい未来に向かって動き出さなければという気持ちにさせられます。この美しい長野の、そして世界の財産でもある森と水に心からの感謝を込めてその価値を見出していきたいと思うのです。

 

TETSUO(ヴィジュアルアーティスト)
天体、自然、音楽などから届けられるイメージや光、天使、イルカなどをモチーフにした作品を制作。見る人をやさしく包み込み魂の歓喜を呼び起こす作品で「時空を超えて遊ぶTETSUOアートの世界」を展開している。出版作品集にピアニスト石田桃子氏とのコラボレーション作品であるCD&ポストカードブック「Angels,Sounds,Dolphins〜永遠の再会〜」、美術館企画展として「TETSUOイメージと原画展」(2003年4月長野県下諏訪町ハーモ美術館)がある。また環境や癒しなど新しい時代のテーマにも関心を持ち「癒しの広場」「BLUE SPOT」など21世紀型のイベントや「アースデイ長野2003」などにも作品を提供している。

 

 

 

アースデイ長野FAQ

Q:
アースデイってなに?

A:
アースデイとは私たちの身近な生活から自然環境そして世界の未来についてなど、「地球の日」のもと、地球とそして
地球に住む私たちのさまざまな事象についてその価値と意義を考え、思いを共有する日です。毎年4月22日のアースデイとその前後の期間にはアースデイアクションとよばれる各種の催しが世界各地で行われています。

アースデイは1970年代のアメリカに発祥し、現在では世界180ヶ国、5億人が参加すると言われています。

日本でも東京をはじめ長野、大阪、富山、沖縄など、それぞれの地域ならではのアースデイ関連イベントが行われています。

Q:
アースデイ長野って?

A:
アースデイ長野は長野県内のアースデイアクションのネットワークです。長野県は山岳により分けられた盆地にそれぞれの独自の
文化が育まれ県内各地域で様々なアースデイアクションが企画されています。
その企画者同志が4月22日のアースデイに連帯参加し、アースデイ長野呼びかけ人代表C.W.ニコルの語る、
「信州は日本の屋根」という提言、そして長野県に在る「森と水」という普遍的なテーマの上で自由に有機的につながりながら、みんなが自由に表現する機会を提供し世界に文化発信していくことを目的としています。

Q:
アースデイ長野の具体的な役割は?

1.コンセプトの保存(テーマ「森と水」、C.W.ニコルのメッセージ、ロゴ)。
2.メディア機能。
 ・アースデイ長野ホームページの運営、メーリングリスト管理
 ・パンフレットの発行(県内のアースデイ長野参加イベントその他を掲載)
 ・プレスリリース、パブリッシング 
3.協賛金の募集。
4.地域ネットワークの広報活動の支援(説明会)。
5.アースデイ長野のシンボルイベントの開催・運営。
6.話題づくりとしての事業運営。


Q:
アースデイ長野の歴史は?

《2002年》
その前年2001年アースデイ東京に参加した有志の個人、団体が集まりアースデイ長野が発足しました。
また2001年アースデイ東京の実行委員長を努めたC.W.ニコルがアースデイ長野呼びかけ人代表となり、
「森と水“Forest & Water”」をテーマに参加イベントを募集しました。
長野市、諏訪市などを中心に開催され、それぞれのアースデイ参加イぺントがネットワークとなり、ホームページの制作管理、
フライヤーの制作、パブリシティーなどを機能させながらアースデイの普及活動を行いました。動員 20,000人

《2003年》
2002年に引き続きアースデイ長野では「森と水“Forest & Water”」をテーマに県内のアースデイ長野参加イベントを広く募集しました。

その呼びかけに応え、行政、法人、NPO、任意団体、アーティスト、個人などがそれぞれの企画を持ち寄り、前年より多彩なアースデイイベントが県内各地で開催され多くの市民の方々にアースデイを認知していただくことができました。動員 5,000人

 

 

 

 

 

     アースデイ長野2004の今後の進行計画

 

みなさんのアースデイ参加(アースデイアクション)を集め、県下、全国に発信します。またより多くの人に4月22日アースデイを知っていただくために、アースデイ長野2004のシンボルイベント等も運営いたします。

 

3月1日  シンボルイベントCDチケット発売

3月10日 アースデイ参加募集締め切り ポスター発表、配布

3月22日 アースデイ前月祭、公開説明会Vol.2

       パンフレット配布 エコバッグ発表

3月28日 シンボルイベントプレ開催 下諏訪町 時の科学館 儀像堂

4月17日 シンボルイベント開催

4月22日 アースデイ

 

 

 

 

 

 

アースデイ長野2004シンボルイベント企画

 

Forest&Waterアースデイ長野2004
音楽+映画文化 発信イベント

 Music&Movie

すべては地球(ここ)からはじまる!

てんつくマン

Part.1 Music  Mother Earth Concert

Part.2 Movie 「107+1 天国はつくるもの」

 

■開催趣旨

アースデイ長野2004では、アースデイ(4月22日)をより多くの県内の方にお伝えするために『音楽+映画 文化発信イベント Music&Movie すべては地球(ここ)からはじまる』を4月17日(土)長野市 若里市民文化ホールにて開催します。

第一部はNAGANOに関連するアーティストらによるマザーアースコンサート、第二部は参加型ドキュメンタリー映画「107+1天国はつくるもの(監督、総指揮 てんつくマン)」の上映と監督てんつくマンのトークライブの二部構成です。
この長野県の自然や文化を愛するアーティスト、ミュージシャンに参加していただきアースデイをとおして、長野県の自然、
文化の価値を再認識・再評価し、全国、世界に発信していくきっかけにしたいと考えています。このイベントは、コンサート出演者の楽曲(一曲づづ)を収めたCDチケットを販売し、運営費とするほか一部を【動物たちと、自閉症の子供たちの心の交流を結ぶ、松本のハルハナ牧場(松本)】に寄付いたします。

みなさまのご協力、ご支援、賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

●Part.1 マザーアースコンサート 
    県内もしくは長野県に関連のあるミュージシャンに出演・参加いただきます。
●Part.2 映画上映会「107+1 天国はつくるもの」
      トークライブ てんつくマン「107+1 天国はつくるもの」 総指揮、監督

■Music&Movie CDチケット ¥2500
「マザーアースコンサート」に出演するミュージシャンより楽曲音源をご提供いただき「Music&MovieCDチケット」を発売いたします。

このイベントの運営費とさせていただくほか一部を【動物たちと、自閉症の子供たちの心の交流を結ぶハルハナ牧場(松本)】に寄付いたします。 


■期日 2004年4月17日(土) ■時間 (未定)■会場 長野市 若里市民文化ホール
■定員 600名   ■CDチケットすべて前売り ¥2500


Part.1 Music マザーアースコンサート

 

「音楽は、他の生命の持つ美しさ、神秘、魂、奇跡を生きた形で伝えることのできる最高の手段ではないかと考えています。」ポール・ウィンターのメッセージより

 

グラミー賞3度受賞のポール・ウィンターのアースデイ長野2004へのメッセージを元に、

NAGANOに関連する素敵なミュージシャンが集まり、このNAGANOから、

地球を包む音楽を発信します。出演(各アーティスト10分)約10組を予定。

マザーアースコンサート出演者

■臼井則孔      提供楽曲 「アメイジンググレイス」
■yauko        提供楽曲 「感情構造線」
■美咲         提供楽曲 「生(ラヴィ)」
■雅音人        提供楽曲「果てしない祈り未来へ」
■海老原よしえ

■石田桃子

他、出演交渉中。

 

Part.2 Movie 「107+1 天国はつくるもの」
10万人100万人でつくる参加型ドキュメンタリー映画「107+1 天国はつくるもの」
http://tentsuku.com/

総指揮、監督 てんつくマン 制作配給 (有)クラブ・サンクチュアリ


てんつくマン

 

 

てんつくマン(軌保博光 改め)
映画 「107+1 天国はつくるもの」監督
路上詩人
 


1968年兵庫県生まれ。元吉本興業でTEAM 0(相方:山崎邦正)としてダウンタウンの番組で活躍中に、映画制作という夢を見つけ、引退。

1998年より始めた、「あなたを見てインスピレーションで言葉を書きます」という“書き下ろしパフォーマンス”で路上詩人として人気を集め、これまでに6万人以上にメッセージを贈っている。 2001年7月7日より1年+1日をかけ、自転車で日本一周をしながら、全国各地で個展・講演・書き下ろしパフォーマンス等を行い、映画資金を集める旅を遂行。2002年7月7日に東京で感動のゴールを向かえた。 2002年、敬愛する坂本龍馬が生まれそして命を奪われた11月15日に、本名である軌保博光を封印し、日本を面白くするニューヒーロー“てんつくマン”として生まれ変わる。世の中の様々な問題を解決すべく、実際に行動し、その様子をドキュメンタリー映画『107+1〜天国はつくるもの〜』に収めてゆく。

 

 

アースデイ長野2004シンボルイベント企画

 

3月28日(日) アースデイ長野2004シンボルプレイベント  

コンサート&トークライブ

 

美咲・臼井則孔・てんつくマン

In時の科学館 儀像堂

 

諏訪湖オルゴール博物館 奏鳴館&時の科学館 儀像堂

周年感謝アニバーサリーイベント併催企画

 

●アースデイ長野2004のシンボルイベントが下諏訪でプレ開催。

諏訪湖オルゴール博物館と時の科学館 儀像堂の周年アニバーサリーイベントと合体。

 

昨年、下諏訪町では、アーティストたちのネットワークBlue Spot Producersが「永遠の湖」をテーマにハーモ美術館(下諏訪町)で石田桃子コンサート&のんのんオルゴールの森♪By 臼井則孔を開催し「水、自然」の存在の価値を、音楽を通し発信し、アースデイ長野を盛り上げました。アースデイ長野2004事務局は「Forest&Water森と水」をテーマに県内各所で開催されるアースデイイベントをつなぎ情報発信するテーマ性から「諏訪湖の存在と文化の融合地点、下諏訪町」でシンボルイベントのプレ開催を行い諏訪地域でアースデイ普及の促進を考えました。2003年アースデイ長野に参加した「のんのんオルゴールの森♪by 臼井則孔」が定期開催されている諏訪湖オルゴール博物館と時の科学館 儀像堂のご協力を得て、この2館の周年アニバーサリーイベントと併催という形になりました。また当地の町おこしプロジェクトとして活動する匠の町しもすわ・あきないプロジェクトのご参加をいただき、アーティスト、文化発信基地、町おこしプロジェクトがひとつになり、この機会が諏訪から、全県へ、全国へ、また世界へ発信する機会のきっかけになればと考えています。

今回の「アースデイ長野事務局、アーティスト、奏鳴館、儀像堂、匠の町しもすわ・あきないプロジェクト」のネットワーク主催開催という運営スタイルもひとつの新しい時代に向けたメッセージになればと考えています。

 

以上、詳細、企画計画調整中。

 

 

 

 

 

 

 

 

“森と水 Forest&Water”

アースデイ長野2004


呼びかけ人代表 C.W.ニコル

■アースデイ長野2004オフィシャルホームページ
http://earthdaynagano.boo.jp
■みなさんのアースデイ参加を全国に発信するホームページ
http://earthday.jp
■アースデイ長野公開メーリングリスト
earthdaynagano@egroups.co.jp


アースデイ長野事務局
Office for Earth Day Nagano

380-0824
長野県長野市南石堂町
1255-7
特定非営利活動法人長野県NPOセンター2階


●連絡先
E-MAIL
 nagano@earthday.jp  Fax 026-227-5968

事務局長           篠原正司 TEL 090-8683-1950 shinohara-n@earthday.jp
事務局次長           竹前成知 TEL 090-1769-1598 takemae-n@earthday.jp

プロジェクト担当   伊藤優   TEL 090-9329-1548 ito-n@earthday.jp
プロジェクト担当  小原知子                       ohara-n@earthday.jp

 


-アースデイ長野2004は、理念(コンセプト)に共感した多様な人々が、同等な立場で発言し、自律的に活動できる場を提供し、コラボレーションの機会を創出する、創造的なネットワークを目指しています。
-アースデイ長野事務局は、アースデイの理念(コンセプト)の普及・浸透とそれに関連する事業の推進を目的として設置されました。事務局は、任意の有志の個人によって構成され、事業終了時には、事業報告を公開した上で、解散します。

アースデイJP ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

アースデイ(地球の日)は4月22日、毎年Earth Dayの期間には世界各地で持続可能な社会を表現する、自由なイベントやアクションが行われています。
アースデイJPでは、多様なコミュニティーが開催する、日本各地のアースデイー情報を発信しています。

translation korean chinese english